2014-07

成長

選択肢を増やす

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。前回は、『受け止める』というお話でした。今回は、『選択肢を増やす』というお話です。樹が大きく成長していく時、四方八方に『枝葉』を広げます。『双葉』から始まり、茎が伸びて枝分かれを繰り返しながら...
自分らしく

受け止める

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。前回は、『クセを知る』というお話でした。今回は、『受け止める』というお話です。植物の葉に付いた水は、『水滴』になっています。葉に付いた時の質量のまま、『水滴』になります。大きく付いた『水滴』ほ...
環境

クセを知る

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。前回は、『表現する』というお話でした。今回は、『クセを知る』というお話です。植物にも、色々な『特徴』を持っているモノがたくさん居ます。カタチであったり、色であったり、反応だったり。。。色々な『...
自分らしく

表現する

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。前回は、『緩急を意識する』というお話でした。今回は、『表現する』というお話です。植物は、その環境下で生きていくために、自らを『表現』する事を日々しています。樹形や葉のカタチ、色、花のカタチ、色...
環境

緩急を意識する

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。前回は、『柔能く剛を制す』というお話でした。今回は、『緩急を意識する』というお話です。昔の家屋を観ると、梁や大黒柱と言われる場所には、とても立派な樹が使われていました。梁を観ると、真っ直ぐな樹...
成長

柔能く剛を制す

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。前回は、『自由に慣れる』というお話でした。今回は、『柔能く剛を制す』というお話です。『柔』のイメージと、『剛』のイメージを併せ持っているのが、『竹』です。とてもしなやかにしなる事も出来るし、足...
自分らしく

自由に慣れる

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。前回は、『多面的に発する』というお話でした。今回は、『自由に慣れる』というお話です。タネがどこかしこから、こぼれ落ちて発動条件が揃ったので、発芽をしました。そこで、初めて周りの環境や状況、自身...
環境

多面的に発する

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。前回は、『不安を造らない』というお話でした。今回は、『多面的に発する』というお話です。今、生きているこの『場』は、『平面』ではなく、『立体』で出来ています。『点』と『線』を結ぶだけでは『平面』...
環境

不安を造らない

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。前回は、『アクションを起こす』というお話でした。今回は、『不安を造らない』というお話です。自然界の動植物達は、四季を通じて、さまざまな環境や状況の中で生きています。極寒の地から、熱帯の地、湿地...
自分らしく

アクションを起こす

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。前回は、『心配をする』というお話でした。今回は、『アクションを起こす』というお話です。どんな花を育てようと『タネ』を揃えても、その『タネ』を置いておくだけでは、『タネ』は成長しないし、花を見る...
タイトルとURLをコピーしました