心の声を聴く

滝

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり,ありがとうございます。

前回は、『目先に囚われない』というお話でした。
今回は、『心の声を聴く』というお話です。

ヒトの感覚や感情、思考や反応は、『ヒトツ』ではありません。

いくつもの感覚や感情、いくつもの思考や反応など、
『ヒトツのモノコト』に対して『ヒトツ』の事だけが出てくる訳では
ありません。

外部からでも内部からでも、何かしらの『刺激』や『キッカケ』を
受けた時、五感のどれかが反応しているか、第六感といわれる
『直感力』が受け取り反応しています。

それらが互いに絡み合い、より複雑に、よりたくさんの『情報』を
列挙します。

何かしらのアクションを起こさなければいけない状態で在れば
列挙して出てくる全てのモノコトに対応していたのでは、
反応に遅れが出てしまい、自然界で在れば『生死』に関わるので
その中で一番強く出ている事を、感覚や感情、思考や反応としとて
出しています。

大自然に暮らす動植物達は、とてもシンプルに生きているので
それほど多くのモノコトは出て来ません。

瞬時に決めながら動いていないと、『生死』に関わります。

そうならない為にも、常日頃から自分自身と向き合って、

『心の声を聴く』

事を意識しています。

自身が何を求め、何を欲しているのか!
どう動き、どうしたいのか!

などなど、自身に向き合い感じ聴き、問う事をしています。

『心の声を聴く』

意識して観て下さいね。

よろしくお願いますm(__)m

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ