新しい自分に出会うには

設定

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『ほんの少しストイックに生きよう』というお話でした。
今回は、『新しい自分に出会うには』というお話です。

本来、生きとし生ける者は、常に変化をしているので、
いつでも新しい自分になっています。

大自然に生きる動植物たちは、その事を潜在的に
知っているので、『過去』をいつまでも引きずっていたり、
囚われている事はありません。

『過去』は『カコ』であり『ゲンザイ』ではありません。

『現在』や『未来』に活かす為の、『記憶』で在り、
『経験』です。

『過去』には、たくさんの『情報』と『データ』が在ります。

それらで得たコトやモノを生かしながら、『臨機応変』に
成長しているので、大自然という環境や状況の中でも
元気に成長する事が出来ます。

その時、その時に応じた『変化』が出来るので、
環境や状況に応じて『進化』する事も可能です。

『生ききる』事を目的にしているので、今までの姿・形に
こだわることなく、自由に『進化』します。

その環境や状況に適しているのであれば、
自身の状態をどうにでも変える事が出来るので
突然の変化にも生き残る事が出来ます。

ただし、急激に変化するのではなく、徐々に試して
『検証』と『実験』を繰り返しながら『変化』していきます。

自身で出来るだけのコトやモノをして、『変化』を
試みます。

それらは全て『仮説』を『検証』する事であり、
『成功』だけを求める事ではありません。

何度も『仮説』をたてて『検証』し、『改善策』を
観つけながら、新たに『仮説』し『検証』する。

『新しい自分に出会うには』

今までの『記憶』や『過去の出来事』にこだわったり、
囚われているのではなく、全てを『参考』にして、
新たな試みにチャレンジし続ける事です。

出来る、出来ないではありません。

新たな事を、やるか、やらないかです。

臨機応変に変化する事に、怖れや不安があるのは
当たり前です。

現状維持を欲するのがヒトです。

現状変化を求めるのもヒトです。

さあ!どっちを選択する?

よろしくお願いします!

有難うございますm(__)m

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ