タイミングを見落とさない

晴れ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『記憶の意味づけを観る』というお話でした。
今回は、『タイミングを見落とさない』というお話です。

植物は、成長し『開花』する『タイミング』を知っています。

『開花時期』は、『受粉』をして『結実』させる事が
『目的』です。

ほとんどの場合、『外部』の虫や動物、気候などによって
『受粉』がなされます。

なので、それらがちょうど活動をする時を狙って、
『開花』をする必要があります。

その『タイミング』を間違うと、『受粉』が出来なくなり、
『結実』する事も、次世代への『タネ』もつける事が
出来ません。

そうなってしまっては、『繋ぐ』というとても大切な事が
出来なくなり、潰えてしまいます。

『開花』の『タイミング』を得るには、『タネ』が『発動』する
『タイミング』も重要になります。

『開花』という『目的』の為には、始まりの『発動』の
『タイミング』が一番大切になります。

『目的』を遂行する為には、『逆算』して『始まり』を
決める事が必要です。

全ては、『タイミング』によって出来ています。

『タイミング』は、いつも『目の前』を通っています。

その『タイミング』を掴むには、その前からの『準備』が
大切になります。

『目の前』ばかりを追っていたのでは、『タイミング』は
掴めません。

『タイミングを見落とさない』

見落とさない為には、『流れ』を観て読む『チカラ』を
つける事が先決です。

『目的』を明確に設定し、『逆算』する『チカラ』も
必要になります。

『タイミング』を引き寄せ掴み、『流れ』に乗るには、
『視野』を広げ、『視点』をたくさん持ち、『思考』や
『感覚』を『多面的』に展開する事です。

それらを『活性化』させるのは、『アソビ心』です。

『ユーモア』を持って、『ノリ』を忘れず、『シャレ』を
利かせられる『ユトリ』。

『自分』を知り、『自分』を磨く事を忘れず、『応用』し
『変化』出来る『自分』。

『タイミングを見落とさない』

意識して観て下さいね。

よろしくお願いします。

有難うございますm(__)m

 

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

▲ このページの先頭へ