意図的に選択する

芽出し

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『信念に生きる』というお話でした。
今回は、『意図的に選択する』というお話です。

植物は、『タネ』がこぼれ落ち、『発動条件』が揃った時に
『成長』を始めます。

始めに『根』を出して、地面に根差して『ベース』を
整えます。

ある程度の『ベース』が出来上がったところで、『発芽』して
地上に現れます。

地中では、引き続き『根』が『栄養』と『水』を求めて、成長し、
それに合わせて『株』が成長し『枝葉』を出していきます。

『根』がどこに伸びるか、どこに向かうか、
『枝葉』がどこに伸び、どう成長するのかは、
植物自身が『決めて』います。

環境や状況、状態を感じて、向き合い、その上で
自ら『選択』しています。

何かしらの『障害物』があれば避けて成長し、
何かしらの『影響』が及べば最善を尽くします。

決して、『いつも通り』や『今までのまま』などと、
『驕ったり』、『甘んじる』事はありません。

常に『成長』して『変化』を起こし、次なる『進化』に
向けて、次なるアクションを『選択』しています。

いつでも、どこでも、『進行形』に成る事を
『選択』して、『決める』事をしています。

一気に変わろうとするのではなく、日々の中で
少しでも前へと、進める『選択』を『意図的』に
『選択』しています。

綺麗な花はいきなり咲く訳ではありません。
日々の成長が花開かせるのです。

綺麗な織物も、いきなり出来る訳ではありません。
細い『糸』を紡ぐからこそ、出来るのです。

『始まり』は、どんなに『ちっぽけ』に感じる事でも
構いません。

周りから見れば、『何のため』にが見えなくても
構いません。

周りに『証明』する事も、『判断』してもらう事も
ありません。

自分自身と向き合い、自分自身が納得して

『意図的に選択する』

事が、何よりも大切です。

周りが見えていなくとも、自身がしっかりと観る事で、
必ず『カタチ』が観えて来ます。

一本、一本を手繰り寄せ、しっかりと紡いでいけば、
何処にも存在しない自分だけの『一点もの』が、
創り出せます。

自身の『夢』が、『想い』が、『思い』が、
『カタチ』に成る様に、

『意図的に選択する』

意識して観て下さいね。

よろしくお願いします!

有難うございますm(__)m

 

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ