心にきく

夕闇

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます!

前回は、『苦しい時こそ『内側』を観よう』というお話でした。
今回は、『心にきく』というお話です。

前回でも書いている内容の続きの様なお話です。

自然界に生きている動植物達は、いつでも『自然体』で
生きています。

『自然体』で生きるというイメージは、どんなイメージでしょう?

ユッタリと優雅で、余裕が在り、悠然と生きている感じかも
しれません。

いつでも、焦りも無く慌てる事も恐れる事も悲しむ事無く、
淡々と生きているというイメージかもしれません。

何にも動じる事も、タジログ事もないと思っているヒトも
居るかもしれません。

全てのモノやコトを許し、包み込み、癒し、包み込む事が
出来ると考えるヒトも居るかもしれません。

『自然体』というのは、『今』を『精一杯』に生きている
状態です。

いつでも『全力』で『一生懸命』です。

自身のする事、成す事、発する事、全てに『責任』を
持っているし『覚悟』を決めています。

自身で『判断』し『選択』し『決断』しているので、
どんな状況や状態になっても、それを受け止めます。

どんな状況であれ、状態であれ、環境になっても、
その中で『精一杯』に生きています。

そんな生き方が出来るのは、いつでも、どんな時でも、
自分自身と向き合って、『心の声』を聴いているからです。

『心』は、生まれて来る時に、すでに持ってきます。

『自分自身』しか持っていない、自分だけの『心』を
持って生まれてきます。

誰よりも何よりも、親よりも他人よりも、一番『自分』を
知っているのは『心』です。

『頭』は、生まれてから成長すると共に、様々なコトやモノを
『吸収』し『学習』して、『経験』し『記憶』して創られます。

『頭』の知っている事は、『今まで』のコトやモノです。

『心』が知っている事は、『自然体』の自分です。

『心にきく』

意識して観て下さいね^^

『心』に『聴いて』、『心』に『効く』コトやモノを選択し
行動や言動、発する事や思う事、想う事を決めましょう!

『心にきく』

よろしくお願いします!

有難うございますm(__)m

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

▲ このページの先頭へ