何事にも真面目に取り組む

ひまわり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『凛として生きる』というお話でした。
今回は、『何事にも真面目に取り組む』というお話です。

自然界には、さまざまな色や形状、形態をした動植物が
たくさん居ます。

また、求愛行動や日々の暮らしの中で見せる動きや
仕草も、いろんなパフォーマンスを見せています。

ヒトから見ると、「なんでこんな色なんだろう」とか、
「なんて変わったカタチ」とか「とても滑稽」とか、
「気持ちわるっ!」とか。。。

面白いモノから、奇妙なモノまで、たくさん存在しています。

それらがなぜ、そんなカタチや色、動きや仕草をするのかは
大自然の中で生き抜くためだったり、繁殖する為だったりと、
とても『真面目』な変化だったりアクションだったりします。

どうすれば、効率がいいのか?
どうすれば、繁殖率が上がるのか?
どうすれば、生存できるのか?

などなど、とても大真面目に向き合い取り組んで
いる事です。

それぞれの動植物達なりの、『特性』や『特徴』、
『習慣』や『決まり事』、『嗜好性』や『興味』があり、
『時期』や『タイミング』もそれぞれです。

その『期間』を逃すと、生存の危機に陥る事もあります。

繁殖率の低下にも繋がります。

なので、自然界に暮らす動植物達にとっては、
常に『死活問題』なのです。

恥ずかしいとか、カッコ悪いとか、惨めだとか、
間抜けだとか、、、

そんな事を考えるヒマもありません。

常に『全力』で『精いっぱい』に生きています。

周りの目や批評、偏見や評価なんて気にもしません。

誰かが、その行為を笑ったとしても、
誰かが、そのアクションに否定的であっても、
自分自身の『信念』に基づき、一切の『ブレ』なく、
敢行します。

自身が信じたコトやモノに対して、いつでもどこでも、
『真面目に取り組む』事を忘れません。

『何事にも真面目に取り組む』

意識して観て下さいね。

よろしくお願いします!

有難うございますm(__)m

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ