時に委ねる

心のタネ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『自己回復力を信じる』というお話でした。
今回は、『時に委ねる』というお話です。

植物のタネを蒔いた時、『発芽』するのを今か!今か!と、
待ちわびたことがあるかもしれません。

朝顔の成長日記などを、小学校の時にやった人も
多いかもしれません。

地上部に出てくる『発芽』を見る事で、初めて植物が
ちゃんと育っている事を実感できると思います。

しかし、本当は『根』が先に成長を始めているので、
実際は、『発芽』の前に『発根』が起きているのです。

この『発根』がしっかりとおこなわれたからこそ、
しっかりとした『発芽』が出来ます。

『タネ』を蒔いた時に、キレイナ花がたくさん咲いている
イメージを持っているかもしれません。。。

『タネ』を蒔くとき、とても強い意志を持って育てると
決意しているあもしれません。。。

『タネ』を蒔いた時、本当に育つか不安でたまらない
気持ちだったかもしれません。。。

『タネ』をもらった時、自分が育てる事が出来るかと、
とても心配したかもしれません。。。

『タネ』の大きさを見て、こんなに小さいのが育つのか?と
疑ったかもしれません。。。

それでも、その『タネ』を蒔き育てると決めた自分とその『タネ』を
信じて成長する事を愉しみましょう。

目に見える『発芽』が、とても待ち遠しかったり、
どんな『芽』が出てくるかと不安になったりするかもしれません。

目には見えない部分での『根』の成長が気になって、
掘り返して確認したくなるかもしれません。

周りが『発芽』らしき行動や言動をし始めるのが、
気になって気になってしょうがないかもしれません。

それでも、その『タネ』を蒔くことを決めた時の自分を思いだし、
成長したときのイメージと、想いを思いだし、
見えない部分で『根』は確実にしっかりと成長しているのだと、
確信して『時』に委ねて観て下さい。

自身が焦ろうが、疑っていようが、不安だろうが、信じていようが、
同じように『時』は流れて、確実に物事は『進行』しています。

どんなカタチになるかはそれぞれかもしれませんが、
その『タネ』を蒔いた時からは、確実に『時』は動いています。

どうしよもない『不安』や『焦り』、『疑心』にあふれた時は、
『時に委ねて』みましょう。

方法は、とても簡単です!

その思いや考えが出てきた事象を、一旦手放す事です。

手放すには、別のナニカをしたり、自分では無い誰かの
お手伝いをしたり、何もせずボーっとお散歩やドライブに
出かけたりする事です。

好きな音楽やナニカに没頭するのもいいかもしれません。

どんな状態や状況、環境だとしても、『時』は流れています。

『時』は確実に『変化』をもたらします。

『進行』は止められません。

自然界の法則であり摂理です。

全ては、『流動』しています。

どうしようもない時、

『時に委ねる』

意識して手放してみてくださいね。

よろしくおねがいします。

有難うございますm(__)m

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ