タイミングを逃さない

芽出し

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『複合的に生きる』というお話でした。
今回は、『タイミングを逃さない』というお話です。

植物は、いつも『タイミング』を計っています。

タネから成長を始めるタイミング。

『発芽』をするタイミング。

花を付け開花させるタイミング。

実を付け大きくするタイミング。

全ては『タイミング』によって成り立っています。

環境や状況によって、すべての『タイミング』は変わってきます。
なので、要所要所の『調整』が必要になります。

その為には、自身の状態を把握しておく必要があります。

常日頃から、自身に向き合い自身を知る事で、
『タイミング』に対する『微調整』が可能になります。

『タイミング』は、放って置いてはやって来ません。

自身の方で、『タイミング』を迎え入れる姿勢を持つことが
大切です。

どんな『タイミング』が必要で、どのように欲しいのか?

どれくらいの『質量』で、どのくらいの『セッティング』で
与えてほしいのか?

それらを自身が、しっかりと『イメージ』して、
『具体的』に要求する事が大切です。

自然界の動植物たちは、明確な要求を常に発しています。

『適材適所』に、ちゃんと『セッティング』されます。

その時に、しっかりと『タイミング』を逃す事無く、
掴み取っています。

ヒトは、せっかく『セッティング』されていても、
その場で決めれずに『躊躇』する事があります。

それは、思考が働き、過去の『記憶』や『データ』を
引っ張り出して『調査』を始めてしまうからです。

『タイミングを逃さない』

チャンスの女神は、前髪しかない!というような言葉も
ありますよね^^

しっかりと、意識して躊躇せずに掴み取ってくださいね。

よろしくお願いします!

有難うございますm(__)m

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

▲ このページの先頭へ