様々な記憶に気づく

トマト

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『夢中になる』というお話でした。
今回は、『様々な記憶に気づく』というお話です。

植物たちは、自分が何なのかを『記憶』しています。

トマトはトマトの、スイカはスイカの『記憶』を持っています。

タネを蒔いて成長を始める事が出来るのは、
タネが成長できる発動条件をタネが『記憶』しているからです。

雨が降った時、風が吹いた時、太陽が照らしている時、
どんな状況で、どんな状態になればいいかも『記憶』しています。

あらゆる事が、『情報』として『記憶』されているので、
臨機応変に対応する事も出来るし、反射的にアクションも起こせます。

植物の中には、タネを拡散させるために触れると破裂するモノも居ます。
葉に触れると、閉じる性質のあるモノも居ます。

それぞれがそれぞれの環境や状況の中で、
身に着け『記憶』した『情報』です。

意図的に行っている訳ではなく、
無意識的に『記憶』は常に行われています。

反射的な反応や、突発的アクシデントにも対応できるのは、
無意識レベルでの『記憶』だからです。

これまでの環境や状況の中で、繰り返されている事ほど
『記憶』は強化されています。

そんな『記憶』ほど、無条件で『自動発動』しています。

そこには、『良し悪し』も無ければ、『損得』もありません。
ただ、「そうなった時はこうする」という『記憶』が反応しています。

これは、ヒトにも言える事で、ヒトも『記憶』により動いています。

意識的であれ無意識であれ、繰り返しインストールされた
過去の『記憶』から『検索』し『選択』し『カタチ』にしています。

そこには、『良し悪し』も無ければ、『損得』もありません。
『カタチ』になってしまってから、『判断』が来ます。

条件反射的にしてしまうコト。。。
無意識レベルで判別しているコト。。。
考える事もなく思う事もなく『当たり前』にしているコト。。。

などなど、それらの中には繰り返しインストールされている
『記憶』が作用しているかもしれません。

今一度、自身の中に在るたくさんの『記憶』を
意識してみてくださいね。

方法は、いたって簡単です。
一日の中で、何に反応し、どんな言葉が耳に入り、
どういう表情が目に映るのか。。。
そして、そんな時にどう感じ、どう思い、どう反応したかを
書き出してみましょう。
自身の反応の傾向が観えて来ますよ!

よろしくお願いします。
有難うございますm(__)m

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

One Response to “様々な記憶に気づく”

  1. りえ より:

    記憶って、そういう形で今に表面化するんですね!
    いつもわかりやすいワークも楽しみにしています*\(^o^)/*
    ありがとうございます!!

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

▲ このページの先頭へ