流れを感じる

ひまわり

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『出来る?出来ない?で判断しない』というお話でした。
今回は、『流れを感じる』というお話です。

自然界には、たくさんの『流れ』が存在しています。

気流、海流、川の流れ、風、光、氣、時、などなど。。。

さまざまな『流れ』が入り混じって存在しています。

自分自身の中にも、たくさんの『流れ』が在ります。

血液の循環する『血流』。。。
リンパの流れや髄液などの流れ。。。
神経回路に流れる微弱電流。。。
気分や気持ちによる気分の流れ。。。
動きや言葉による表現の流れ。。。

いろいろな『流れ』がすべてに存在しています。

ひまわりは、太陽の『流れ』に合わせて『流れ』を
創っています。
自然界の動植物は、自然の『流れ』の中で生きています。
その『流れ』に抗わず、かといって準じ過ぎずに自身の『流れ』を
創っています。

『流れ』には、『道』が出来ます。
『導線』が出来る事で、『法則』や『摂理』が出来ます。

なので、『導線』という事では、パターンや習慣も『流れ』になります。
無意識レベルに在る『導線』を意識してみましょう。

『法則』や『摂理』は、とても大切な『流れ』です。
『パターン』や『習慣』は、定期的に見直した方がよい『流れ』です。

大きな『流れ』に乗れるように意識してみましょう。
まずは、自分自身が持っているさまざまな『流れ』を感じる事から
始めて観て下さい。
その『流れ』を感じてくると、周りに在る『流れ』も感じ始めます。

流れを感じる。。。

意識してみてくださいね^^
よろしくお願いします。

有難うございますm(__)m

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

▲ このページの先頭へ