ざっくり生きる

成長過程 自分らしく

 

成長過程

 

 

 

 

 

 

 
本日も読みに来てくださり、ありがとうございます!

前回は、『決め込んでいる事に気づく』というお話でした。
今回は、『ざっくり生きる』というお話です。

植物の『タネ』や『苗』を植える時、
ものすごく慎重に丁寧に植える方もいらっしゃいますが、
意外と、ざっくりと植えた方が元気に育ったりします。

『苗』を買って、ポットから出すと『根』が中でグルグルに
なっている時があります。

そのまま植えてもいいのですが、グルグルになっている
『根』の部分をほぐしたり、切ったりして植えたりします。

『根』と『株』は比例していると以前書いたと思います。

なので、『根』を痛めたり、切ったりしたら、株に良くないと
考えると思います。

でも、そのままグルグルのままで植えた苗よりも、
根をほぐしたり、切ったりした苗の方がよく育ったりします。

まるで『ハレモノ』や『コワレモノ』を扱う様に、大事に大事に
育てていると弱ったり枯れたりします。

鉢物や観葉植物でも、同じです。

気にかけすぎて、水をやり過ぎて『根腐れ』になって、
あっという間に枯れこむ事もあります。

実は、過保護化したり、神経質になったりすると、
視野や視点が狭くなり、本来であれば観えたり、
気づいたりする事が出来た『前兆』を見逃したりします。

とても、真面目な人や規律正しいヒト、周りを気にかけれるヒトが
そうなりやすかったりします。

考えて考えて、読み過ぎて読み過ぎて、気にかけすぎて、
気持ちばかりが焦ったり。。。

真剣に考えて悩んで苦しんで、やっとの想いで伝えたり、
行動したら、もう済んでいたり。。。

念入りなシュミレーションにシュミレーションを重ねて重ねて、
もうミスらないと思った頃には、タイミングが無かったり。。。

さまざまな場面で、『損』をしている方々がいらっしゃいます。

とても真面目で、一生懸命で、気遣いがあり、奥ゆかしい、
律義で、責任感もあり、誠実、思いやりも優しさもある。

そんなヒトたちだったりします。

一生懸命に考えたり、思ったりする事に時間をかける事が
出来るので、本来とてもエネルギーのあるヒトです。

であれば、そのエネルギーを瞬発力や行動力、発信力に
変換したとき、とても素晴らしい事になります。

『はじめの一歩』はとても大事だし、重要だし、大切です。

しかし、『はじめの一歩』という行動や発信が
出来てこその話です。

本当の『はじめの一歩』ならば、『ざっくり』とした想いと、
『ざっくり』としたプランで動いて観た方が、『カタチ』に
なったりします。

『真面目』に『真摯』に『実直』に生きる事がいけない訳では
決してありません。

もし、もしもそんな生き方で苦しかったり辛いのであれば、
『ざっくり生きる』を一度でいいので試してみたらいいかもしれません。

どうぞ、よろしくお願いします。
有難うございますm(__)m

コメント

タイトルとURLをコピーしました