シンプルに生きる

そら 自分らしく

そら

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『コラボる』というお話でした。

今回は、シンプルに生きるというお話です。

『タネ』を蒔けば、発動条件が揃っていれば、

成長を始めます。

揃っていなければ、発動しません。

『根』が伸びた分だけ、『地上部』も成長します。

日が昇っている間は花を開き、夜になれば閉じます。

光合成をするのに、光に葉を向けます。

栄養が必要ならば、栄養を求めます。

水が必要ならば、水を求めます。

植物たちの『生き方』は、とても『シンプル』です。

自然に生きる動物たちも、『シンプル』です。

『社会』というモノは無いけれど、

『コミュニティー』は在ります。

『法律』というコトは無いけれど、

『秩序』は在ります。

『常識』という枠組みは無いけれど、

『原理』という法則は在ります。

『当たり前』という思い込みは無いけれど、

『流れ』という原則は在ります。

考えなくても、在るモノ・コト・原理・原則。

意識しなくても、繋がる『場』。

行動や言葉にしなくとも、伝わる『想い』。

『個』を超えた、『集合的無意識』。

さまざまな思考や概念や当たり前や常識を

外したときに観えてくる『生き方』。

それが、『シンプルに生きる』事かもしれません。

『考える』よりも『感じる』。

『思う』よりも『想う』。

『見せる』よりも『魅せる』。

『強さ』よりも『潔さ』。

『我慢』よりも『素直』。

『責める』より『褒める』。

『反省』よりも『学習』。

『怒る』よりも『笑う』。

『始まり』の一歩を意識したなら、

あとは、流れに乗るだけです。

余計なモノ・コトは乗っけない!

余分な計算やシュミレーションはしない!

周りを気にしない。

周りに囚われない。

自らを捕らえない。

『シンプルに生きる』

よろしくお願いしますね^^

有難うございますm(__)m

コメント

タイトルとURLをコピーしました