自尊心を持つ

晴れ 自分らしく

晴れ

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、在り方を意識するというお話でした。

今回は、自尊心を持つというお話です。

植物は、『自尊心』を持っています。

自身を信じているから、どんな時でも、

どんな環境や状況になっても、成長を

止める事はありません。

自身が、成長し花をつけ実やタネを

付ける事に、なんの迷いも疑問も

持っていません。

成長してきた過程を悔やむ事も、

引きずる事もありません。

『自尊心』とは、自らを大切にして

自らを信じる意識です。

ありのままの自分を認めて受け入れる。

そんな想いを持って、自身と向き合う事で

フラットな意識や思考、感覚で、

自分を観る事ができるようになります。

『自尊心』は、自らの成長と共に、

他に対しても、良き影響を与えます。

『自尊心』をしっかりと持っているヒトは、

他者の『自尊心』を感じ受け入れる事が

出来ます。

他者の想いや感覚、思考やこだわりも、

自身とは違うのだと受け入れる事が

出来ます。

これらが受け入れられない時や、

自身の想いやこだわり、思考などに

固執し、相手をも従わせようとしたり、

納得させようとしている時は、

『自尊心』ではなく、『プライド』に

なっているかもしれません。

『プライド』は、『自尊心』とは

違います。

『プライド』は、『守り』です。

『守り』なので、侵害されると

『攻撃』をします。

『攻撃』をすると、『勝ち』に

こだわり固執します。

他者を観る事も認める事も、

受け止める事も出来ません。

『争い』を呼び込みます。

『プライド』ではなく、『自尊心』を

意識してくださいね。

よろしくお願いします。

有難うございますm(__)m

コメント

タイトルとURLをコピーしました