抱え込まない

雪の木

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます!

前回は、見られようとしないというお話でした。

今回は、抱え込まないというお話です。

また、雪が降ってきましたね。

今日は、お庭を創りに行っていたのですが、途中から

雪になりました。

植物たちも雪をかぶり、樹木たちは枝葉に雪を積もらせます。

枝葉を広げているのですから、雪が積もるのも仕方ありません。

だからといって、樹木たちはいつまでも雪を抱え込まずに落とします。

自身の耐えられるだけの質量だけ抱えて、それ以上のキャパになれば

潔くすべてを手放します。

そうする事で、また耐えられるだけの質量を抱える事が出来ます。

無理をして、キャパ以上の質量に耐えていたとしても、

誰もサポートしてくれません。

なぜなら、自身で決めて抱えているからです。

そうこうしている内に、抱えきれなくなったモノがこぼれだし、

堰を切った様に、崩壊してすべてを台無しにしてしまいます。

樹木であれば、全ての枝が折れてしまうような状態です。

それでは、いままで抱えれていた質量も抱える事が出来なくなり

春に出すはずの、『芽』も無くしてしまいます。

全ては、『ふりだし』よりも悪い状況に追い込まれます。

せっかく伸ばした枝、しっかりと成長させた葉達。。。

それらが、全部失われる可能性もあるのです。

『抱え込む』こと自体は、悪いことではありません。

どれにでも当てはまるのですが、『過ぎる』事がいけないのです。

自分自身のキャパを把握し、無理をしない事で、体力も耐力も強化され

少しづつかもしれませんが、確実に抱え込める量が増えていきます。

自分を一番知っているのは、内なる自分自身。

どうぞ、内なる自分と向き合い自身のキャパを把握してくださいね^^

よろしくお願いします!

有難うございますm(__)m

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ