見られようとしない

花壇 自分らしく

花壇

本日も、読みに来てくださり有難うございます!

前回は、抗わないというお話でした。

今回は、見られようとしないというお話です。

植物たちは、それぞれにそれぞれのカタチや色をしています。

花の形も茎や葉も、いろいろなカタチをしています。

それは、環境に適応するためであったり、受粉を効率よく

行う為に変化しました。

環境とは、日当たりだったり風当りだったり、土壌の状態で

あったり、周りの動植物だったり、そこに適した形状を

長い年月をかけて創りました。

受粉の効率で言えば、受粉のサポートをしてくれる動物や

虫達が、見付けやすいように、またはくっ付きやすい様にや

とまり易いようにする為にさまざまなカタチへと変貌しました。

すべては、生存本能であり、繁殖能力、適応能力の成せる業です。

そこには、「キレイニミラレタイ」とか「カッコヨク」とか

「ミエ」とか「プライド」とか、一切ありません。

周りを気にしたのではなく、周りと適応しただけです。

その形状を選択したのも、その色や香りを選択したのも

自分自身です。

決して、『他』によって操作された訳ではありません。

(園芸品種は、この場合含んでおりません)

自然の中の植物たち、動物たちは、成るべくして成った

形状です。

ヒトは、思考がたっぷり出来てしまう脳を手に入れたことに

よって、『美』という感性を手に入れました。

が、しかし。。。

それと一緒に、『見栄』や『プライド』、『体裁』や『評価』

『比較』や『優劣』というモノ達も手に入れました。

自分自身の中の、そのモノ達を意識していく事で、

見られようとするのではなく、周りを観る事が出来る感性と

自分を魅せる事が出来る様になります。

見られようとするのではなく、魅せていく!

どうぞ、よろしくお願いしますね^^

有難うございますm(__)m

コメント

タイトルとURLをコピーしました