となりの畑を気にしない。

熟成 自分らしく

熟成

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます!

前回は、苦手なタネも植えてみるというお話でした。

今回は、となりの畑を気にしないというお話です。

ついつい、芽が地表に現れ始めると気になるのが、となりの畑。。。

何を蒔いたのか?

何を植えたのか?

成長具合は?

土の状態や環境は?

いろいろと気になるモノですね^^

そして、もうひとつやりがちなのが、自分の育ち具合と他の育ち具合の比較です。

「あっちに比べて、うちのは。。。」

「あんなに成長している!それに比べて。。。」

「こんなのでは、恥ずかしくて見せれない。。。」

などなど、ついつい比べてしまいます。

実際の畑やお庭でも、そういう事は多々起きます。

とうぜん、心の土壌でも同じです。

ただ、心の場合、実際に目に見える事ではないので、そのほとんどが

自分が相手を見て感じたイメージが元になっている場合がほとんどです。

つまりは、となりの状態や環境、容姿や立ち居振る舞い、話し方やパフォーマンス性、

その他、もろもろの総合的イメージを作り上げて比較対象にしてしまっているのです。

けっして、他が凄いのではなく、自分が他を凄いと感じている事に気づきましょう。

たしかに、すごい人はいると思います。

それは、「すごいなー!」と感心して自分は自分として成長していけばよいと思います。

変に、抵抗感を持つ事も、劣等感を感じる事も、必要ありません。

自分は自分としか、比べようがないです。

もっと言えば、自分とすら比べようがないのです。

なぜならば、比べる事が出来るのは、実際に歩んできた過去の自分とだけです。

未来の自分は、イメージであり目標対象で実際には、まだ経験していない存在だからです。

比べられるのは、過去の自分とだけ。。。

しかし、過去の自分が経験していない事を経験している『今』の自分と経験値が少ない

『過去』の自分では、すでに差があるので比べようがないのです。

『自分らしく生きる』のに、比較・対象・優劣・競争は必要ありません。

周りを気にすることなく、自身の心の成長を愉しみましょう!

よろしくおねがいしますね^^

有難うございますm(__)m

コメント

タイトルとURLをコピーしました