形にとらわれない。

カタチ 自分らしく

カタチ

今日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『愉しむ』という事について書きました。

今回は、『カタチ』にとらわれない!というお話です。

心の土壌に蒔いた心のタネは成長していくわけですが、成長の速度はヒトそれぞれと書きましたね。

じつは、成長のプロセスやカタチもまたヒトそれぞれによって違うのです。

ついつい、成長過程において、となりが気になったり、他者と足並みを揃えなければいけないような気持ちに

なります。

しかし、成長の速度も心の土壌も違うのですから、同じようにする事はその時点で不可能になります。

世間体や『ふつう』『当たり前』『常識』という形を自身に求めてくる他者も現れます。

かなりな比率で、その『形』に収めようとするエネルギーが感じられるかもしれません。

そんな時に、ついその『形』に収まった方が『ラク』なような気になり、自身の『カタチ』を見失う時があります。

自身の『カタチの素』が入っているのが、『心のタネ』です。

『心のタネ』には、自身の『カタチ』の情報が満載です。

なので、『心のタネ』はどういう状況になっても、『カタチ』になろうとします。

そんな時、他者からの影響や自分に対しての疑心が出た時、『形』が『カタチ』に影響して『イビツ』なかたちに

なってしまいます。

一番、大切なのは自分自身の『カタチ』です。

それを踏まえた上で、他の『カタチ』や多勢の『形』を観る力を持つことが必要になります。

それには、まずは『とらわれない』ことを練習する事です。

客観的な目を常に持てる様に、日々の中で意識していく事で、自分自身の『カタチ』も他の『カタチ』も観える様に

なります。

愉しんで意識化してみて下さいね^^

よろしくお願いします!

有難うございますm(__)m

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました