自覚を持って生きる

設定

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『咎めグセをやめる』というお話でした。
今回は、『自覚を持って生きる』というお話です。

自分が何者で、何を考え、何を感じ、何を想い、
何を思っているのか。。。

どんなモノコトに反応し、どんな風に対処しているのか。。。

何を好み、何を嫌い、何を苦手にしているのか。。。

などなど、色々な自分、様々な自身を知っていますか?

どんな事に興味を示し、どんな知識や知恵を持っていて、
どんな想像性や創造性を持っているのか。。。

『習慣』や『クセ』、『思い込み』や『無意識の制限』や
『制約』がどれくらい在るのか。。。

ほとんどのヒトは、ほとんどの事を『無自覚』な状態で
起こしたりこなしたりしているのではないでしょうか。。。

全てのモノコトを『把握』したり、
『掌握』したり『処理』する事はかなり難しいのです。

なぜならば、自身が意識的にも無意識でも、
キャッチしているあらゆる『情報』を全て処理していては、
日常生活が送れなくなるからです。

なので、自身の生活にとって必要な『情報』だけを
特化して判断や選択、決定をしています。

何度も繰り返される様な事象であれば、
『パターン化』された反応と処理をしています。

日々の暮らしに、ほとんど変化が無い状態で在れば、
ほぼすべての反応や処理が『自動化』されています。

『自動化』されているので、自身は『無自覚』な状態です。

そんな中、いつも通りの日常では無いモノコトが起こると、
対処も処理も出来なくなります。。。

パートナーが出来たり、職場などの環境が変わったり、
自身の状況や状態が変わったりする事は、
『無自覚』で『自動化』されてしまっている自分にとっては、
最も焦り慄き、不安や怖れを感じるコトになります。

そんな状況や状態に陥らない為には、日ごろから

『自覚を持って生きる』

という事を意識する事が大切です。

判断や選択、決定をする時に、意識に上げる『習慣』。

出てきた感情や思考に対しての『検証』。

『自動化』や『パターン化』しているコトを確認して、
把握する事。

それらを意識して行う事で、生き方に変化が現れます。

『自覚を持って生きる』

意識して観てくださいね。

よろしくお願いします!

有難うございますm(__)m

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

▲ このページの先頭へ