本質を観る

波紋

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『反転して観ると気付ける事』というお話でした。
今回は、『本質を観る』というお話です。

ヒトは意識をしていなくても、『五感』は常に反応して、
色々な『情報』をキャッチしています。

今今、必要な『情報』も在れば、一切必要の無い『情報』も
膨大な量をキャッチしています。

視覚からも聴覚からも嗅覚や触覚、味覚まで、
あらゆる『情報』が流れ込んでいます。

過去の経験や記憶によって、収集しておいた方がよいと
判断されキャッチしているモノもあります。

何かしらの攻撃や強烈な刺激を受けた様な出来事が
あったなら、それに関連するモノコトには自動的に
収集しています。

それに伴って、『記憶』や過去の『状態』や『感情』、
『感覚』等も蘇っています。

思い出されるモノコトによって、恐怖や不安になったり、
囚われてしまったりもします。

また同じような『結果』になるのでは!?

と、思ってしまいます。。。

この様に、日々の生活を送っているだけでも、
頭の中は、様々な対応をしています。

それによって、自身を『安定』させようとしています。

ある程度の『設定』をする事で、
自分自身を『固定』する事で、
着地点を造る事で、
『安心』や『安定』を保とうとしています。

この時点で、色々な『パターン化』がされています。

自分自身にも、周りのモノコトやヒトに対しても、
ある程度の『定義づけ』がされています。

何かしらの『固定概念』や『思い込み』、
『制約』や『制限』の中で生きている事になります。

色々なモノが重なって出来上がっているので、
自分自身を本当に変えようと思ったなら、
これらの『固定概念』や『思い込み』、
『制約』や『制限』を外して、

『本質を観る』

事が必要になります。

重ねているモノコト・ヒトが多いほどに、
外していく作業も増えます。

自分ひとりでしていても、すでに重ねてあるモノコト
によって、外しても外しても再び重ねてしまいます。。。

ヒトに自身の事を話したり、思いや想いを伝える事を
何度でも繰り返す事で、色々な視点や視野で、
モノ・コト・ヒトを観る事が出来る様になります。

『本質を観る』

意識して観てくださいね!

周りとシェアもしてみましょう!

よろしくお願いします。

有難うございますm(__)m

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

▲ このページの先頭へ