「有る」にするから「無い」になる

芽出し

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『「~~のせい」は無い』というお話でした。
今回は、『「有る」にするから「無い」になる』というお話です。

自然の中に育つ植物や動物たちは、
どんな環境、どんな状況でも、育ちます。

もちろん、途中半ばで死んでしまったり、
枯れてしまう場合もあります。

それでも、ヒトでは考えられない様な環境や状況、
状態の中で生きている動植物たちも居ます。

アスファルトの隙間からだったり。。。

草木も生えない砂漠であったり。。。

過酷過ぎる環境や状況でも生きています。

誰も生きる事に諦めません。

『この先』に対しての『不安』や『恐怖』を
持っていない様に感じます。

『切り花』は、根を切られてしまった状態です。

自身で水や栄養を仕上げる事が出来なくなる状態です。

ヒトで言えば、『余命~~日』という状態です。

それでも『切り花』は、凹みもしていなければ、
イジケてもいません。。。

落ち込んで自暴自棄にもなってはいません。。。

精一杯に『活き活き』と花を咲かせきろうとしています。

『今ここ』に自身が存在しているコトだけに
意識が『在る』からだと思います。

ヒトは、あらゆるモノコトや出来事、事象や思い、
思考や感覚、想いにまで『有る』を欲します。

『在る』ではなく、『有る』にしたがります。

『対象』を造る事、『理由』や『理屈』を造る事。。。

あらゆるモノコト等を、

『「有る」にするから「無い」になる』

のです。

「有る」はずという思い込みや概念等により、
そうではない状態になると「無い」になるのです。

『不足』や『不安』、『怒り』や『憤り』、
『悲しみ』や『寂しさ』を感じてしまいます。

「足りない」「満たされない」「得られない」。。。

無い無い尽くしに襲われます。

すべては『有る』ではなく、『在る』だけです。

『在る』には『無い』は在りません。

『「有る」にするから「無い」になる』

意識して観てくださいね。

よろしくお願いします。

有難うございますm(__)m

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ