「これだけだから!」という事にしない。。。

憂鬱

今日も読みに来てくださり、ありがとございます!

前回は、自分を信じて待つ事の大切さをお伝えしました。

今回は、「これだけだから!」という事にしないというテーマでお話ししますね^^

「これだけだから!」とは、どういう事かと言うと、心の土壌に蒔いたタネに執着しないという事です。

じっくりと時間を掛けて創り込んだ土壌に、自分と向き合い見つけた選択した『心のタネ』を蒔いたのですから、

成長が気になったり、心配になるのも分かります。

でも、前回も書きましたが、最初に始まる成長は目に見えない土中で『根』が出始める事からです。

気になりすぎて、四六時中張り付いていても気に病んでいても、意味がありません。。。

なので、しばし忘れる位に『今』している事に集中したり、新たな土壌を創る事を意識する事が大切です。

「これだけ!」と固執して執着していては、視野も思考の振り幅もどんどんと狭くなっていきます。

それでは、余裕もなくなり焦りやストレスの原因になります。

そうなると、育てている場所が『心』の中なので、台風のごとく荒れまくる気候になったり、極寒の様な環境に

なってしまいます。

気持ちにゆとりを持ち、視野を広げ、視点を多く持って、さまざまな事や場所、ヒトに会う事で、より土壌は豊かになり

気候は穏やかな春のように落ち着きます。

『心のタネ』も何種類か、同時に育てる事をお勧めします。

どれもが、自分にとってワクワクし愉しめるモノですから、育てている事自体がエネルギーの源になります。

固執し執着していては、依存になりかねません。

責任から、負荷も負担も重くなる一方になります。

本来の目的は、『自分らしく生きる』ことです。

追い詰めたり、責めるためにするのではありません。

愉しみながら、育てる事がより良い株に育ち、より良い花が咲き、より良い実をつけます。

視野も思考も振り幅を多くして愉しんで下さいね^^

よろしくお願いします!

有難うございます!!

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ