魂に聴いているかっ!?

自然 自分らしく

自然

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『自らを知ろうとしないと分からない』という
お話でした。
今回は、『魂に聴いているか!?』というお話です。

大自然に存在する動植物達は、自分自身がその場所に
その環境や状況に居るという事に疑問を持っていません。

なぜならば、『そこに居る』という概念自体が無いからです。

動植物達にとっては、『そこ』であろうと『ここ』であろうと
構いません。

『自身』が存在しているトコロが『場』になるだけです。

ですから、『場』や『環境・状況』に対して、
『悲観的』にも『不平不満』になる事もありません。

与えられた環境に適応して生きるだけです。

自らが自らのまま、『自由』に生きています。

生きる目的は、ただ一つ。

『共存』し『共栄』して、次世代に『繋ぐ』事です。

とても『シンプル』で、とても『パワフル』です。

『繋ぐ』事が目的なので、どんな過酷な条件でも
その中で生き抜くことや適応する事に、
精一杯に向き合います。

自らの『命』を紡いでくれた先人たちの、
『情報』や『遺伝子』をフルに活用して、
次世代の為に『情報』を得て残し、
『遺伝子』に刻んでいます。

本来であれば、ヒトも動植物達と同じように、
次世代へと、様々な経験や知識を知恵を得て
繋ぎ紡ぐことが目的として生きています。

それぞれがそれぞれの『役割』や『目的』を
持って生まれてきています。

周りの誰にも、もしかすると自分自身も、
分かっていないかもしれません。

それでも、『今ここ』に『自分』という『個性』が
存在しているのは間違いありません。

他の誰でもない『自分』という存在です。

誰かに決められた訳でもなく、
意図して造られた訳でもありません。

生き方にしても判断や選択にしても、
他に従う必要も決められる事もありません。

自らが判断し選択して生きる事が大切です。

そんな生き方をする為に一番必要なのが、

『魂に聴いているかっ!?』

という事です。

自分という『生命体』の『命』を使うのではなく、
連綿と紡ぎ繋がれし『魂』を使う生き方。

『魂』が紡ぎ繋がれて『あなた』が生まれました。

受け継がれし『魂』は『アナタ』に成る事を
求め欲しています。

『魂に聴いているかっ!?』

意識して観てくださいね。

『アナタ』ではなく、『あなたの魂』が、
求め欲しいているモノコトを選択しましょう。

よろしくお願いしますね。

有難うございますm(__)m

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました