自らを知ろうとしないと分からない

設定

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『自分の拾っているモノコトに気づく』という
お話でした。
今回は、『自らを知ろうとしないと分からない』という
お話です。

突然の問いかけです。

あなたは、『アナタ』を隅々まで知っていますか?

どんな時に、どう考え、どう感じ、
どう判断し、どう選択するとか。。。

どんな表現をして、どんな表情をして、
どんな対応や応対をしているのか。。。

などなど、様々な『自分自身』をすべて把握して
いますか?

誰かから、何かを言われたり、行動されたり、
自分に向かってされた表現や表情等に、
自分がどんな反応をするのか。。。

どこに『引っ掛かり』や『キャッチ』をしているのか。。。

どんなモノコトに興味があり、
どんなモノコトに嫌悪感や抵抗を持っているのか。。。

あらゆる角度や視点、視野を使って、

『自らを知ろうとしないと分からない』

と、思います。

何気なく選んだモノコトでも、
何度も聴いている音楽でも、
とても気に入っているモノコトでも、

実は、様々な媒体によって、
「刷り込まれている」だけかもしれません。

繰り返し流れている『CM』。。。

雑誌で特集が何度も組まれていたり。。。

周りのみんなが持っていたり。。。

周りが口ずさんでいたり。。。

色々な場面に、『刷り込み』や『暗示』の
罠は仕掛けられています。

育ってきた環境や状況、状態や関係性でも
様々なモノコトが刷り込まれています。

『今』感じている思っている『自分』は、
もしかすると、それらによって造られているかも
しれません。

本当の『自分自身』を知り感じたいなら、

『自らを知ろうとしないと分からない』

です。

日々の中で意識して感じ聴く事が必要です。

よろしくお願いします。

有難うございますm(__)m

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

▲ このページの先頭へ