自分探しをやめる

設定

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『自らが発して行く』というお話でした。
今回は、『自分探しをやめる』というお話です。

色々なセミナーや書籍にも、『自分探し』というキーワードが
含まれているモノが多く見受けられます。

ヒトは、誰しも一度は『自分探し』という状態になった事が
在るのではないでしょうか。。。

生きてきた中で、様々なシチュエーションや状況に
出会ってきていると思います。

そんな中、自身が判断し選択して来たモノコトが、
上手く行った時もあれば、失敗に終わったこともあるかと
思います。

時には、ひどく落ち込んでしまった事もあるのでは
ないでしょうか。。。

そんな時、「こんな自分ではダメだ!」とか、
「もうこのままではイヤだ!」などと、
『現状』からの脱出を試みたヒトもいらっしゃるのでは
ないでしょうか。

『こんな自分』が『どんな自分』かを知りたくて、
理解したくて、制御したくて、変わりたくて。。。。。

『自分探し』をし続けているヒトも居られるのでは、
ないでしょうか?

探しても、探しても、どこだか『シックリ』しない。。。

探しても、探しても、『理想の自分』には近づけない。。。

セミナーや書籍に使われる『キーワード』に、
「次こそは!」と、『期待』いっぱいに参加したり、
購入したり。。。

何度も何度も、途方に暮れたヒトも。。。

出れば出るほど、読めば読むほど、
『自分』がチッポケな存在の様に感じたり、、、

世の中に必要では無いのでは?と、
思ったり、、、

自身の『存在』自体を、否定的に捉えてしまう様に
なってしまっているかもしれません。

外部に探しに行けば行くほど、
迷宮にハマり込んでしまっているのなら、
一旦、

『自分探しをやめる』

と、いいかもしれません。

探すのをやめて、とりあえず止まってみる。

探すのをやめて、一旦深呼吸をして落ち着いてみる。

探すのをやめて、自身の足元を観てみる。

そうすると、『自分』の足が『自分』の足で、
地面に着いている事が分かるし、
その『場』に立って居る事が分かります。

そこには、確かに『理想の自分』では無いけれど、
『今の自分』が在る事に気づけます。

『自分探しをやめる』

意識して止まって観てくださいね。

よろしくお願いします。

有難うございますm(__)m

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

▲ このページの先頭へ