自己を解放する

Lock

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうござます。

前回は、『紡ぎ紡がれ繋ぎ繋がれ』というお話でした。
今回は、『自己を解放する』というお話です。

ヒトは、生きていく上で自分自身にも周りに対しても、
様々な『制約』や『制限』、『ルール』を課しています。

それらは、生活を円滑に進める為であったり、
関係性を維持する為に必要だったり、
自身の立ち位置を明確にしておくためだったりします。

それらが『成立』しているからこそ、自身だけでなく、
周りとの『バランス』が調整可能になります。

がしかし、それはあくまでも波風を立たせない為の
手段であり、方法でしかありません。

そこには、最も大切な『自己』や『自我』が
配慮されていません。

それらは常に後回しになっていたり、
抑え付けられ、消されていたりします。

なぜなら、社会性や生活をする為の『制約』や
『制限』や『ルール』から反してしまうからです。

そこから外れる事は、イコール社会から逸脱する事に
なってしまうし、周りからあぶれてしまうコトにもなります。

だからこそ、必死になって取り繕おうとするし、
そこから外れているモノコトに目くじらを立てます。

それらに影響されずに生きている者達を
毛嫌いします。

自身がそんな人達に『抵抗』を抱いているのであれば、
自分自身が、そんな生き方を求めているからかも
しれません。

では、どうすればそんな生き方が出来るのでしょうか?

まずは、自らが

『自己を解放する』

という意識を持って、自分自身と向き合う事が
必要です。

誰がどう言おうとも、誰にどう扱われようとも、
自分だけはしっかりと自身を受け止めて、
信頼する事。

出来るだけ、自身が求めているモノコトを
カタチにする事が大切です。

その時に必要な『承認』は、自分自身が
するだけで構いません。

ただし、他者や周りを巻き込む事では
いけません。

あくまでも、自身で『責任』が持てる範囲です。

『自己を解放する』

意識して観てくださいね。

よろしくお願いします。

有難うございますm(__)m

 

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

▲ このページの先頭へ