見方を変えると味方も変わる

愛

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『それはどこが発している?』というお話でした。
今回は、『見方を変えると味方も変わる』というお話です。

ヒトは、育った環境や状況、生きてきた経験や記憶に
よって、色々なモノコトや様々なシチュエーションに、
それぞれの『見方』を持っています。

その『見方』によって、その時の『感情』や『思考』、
『行動』や『言動』がチョイスされています。

何度も繰り返される様な場合は、『パターン化』された
『見方』になっているので、『選択』も『判断』も『行動』も
毎回同じモノコトにしています。

繰り返される『パターン』にハマると、どんどんと周りに
対しての『見方』も『パターン化』されるので、
『自己解釈』と『省略』と『歪曲』されたモノになります。

そんな『見方』のままでは、自分に対しても周りも、
『パターン』で見てしまいます。

過去に不快なモノコトをされた相手は『キライなヒト』

以前におもいっきり怒られたなら『怖いヒト』

自身が求める優しさをくれたなら『女神(笑)』。。。

などなど、『見方』を固定してしまいます。

そうなると自身も含めて、あらゆるヒトやモノコトに、
自分勝手な『思い込み』という『レッテル』を貼って
しまいます。

それでは、正しい『判断』も『選択』も出来ません。

素直に正直に観る事も出来ません。

環境や状況もヒトも変わりません。

『怖いヒト』は怖いままだし、
『キライなヒト』は嫌いなままです。

『敵』だと思っている相手も変わりません。。。

そんな状態から本当に心から抜け出したいと
思うなら、

『見方を変えると味方が変わる』

事を体験してほしいです。

それには、まずは自身の『今までの見方』が
どんな『見方』だったかを知る事が必要です。

ヒトに対して、モノコトに対して、
見直して観ましょう。

『見方を変えると味方も変わる』

意識して観てくださいね。

よろしくお願いします。

有難うございますm(__)m

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ