全てをさらけ出す

愛

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『丁寧に扱う』というお話でした。
今回は、『全てをさらけ出す』というお話です。

ヒトは、生きていく上で様々な環境や状況、状態を
創り出します。

その時々で、色々な思いや想い、感情や思考を
感じ持ちます。

そのままに表現できるコトよりも、そのままに出せずに
切り替えたり押さえ込んだり、吞み込んだりガマンしたり
するシチュエーションの方が多いかもしれません。

他者との関わりの中で覚えてきた対処法や対応、
表情や表現を優先事項にしてしまい、
自らの思いや想いではない、『選択』や『判断』を
自分自身に強いているヒトも少なくありません。

本来は、そんな行為は『自己犠牲』であり、
『支配』であり、『強制』です。

しかし、長い年月の繰り返しによって、
自分自身がそうだという事を
自覚できなくなっているヒトもいます。

感覚的にも感情的にも、『麻痺』しているので、
自身への『加減』が分からなくなっています。

そんな状態がずっと維持できる訳がないので、
自らの身体に影響が出たりします。

始まりは、倦怠感や疲れ易さなど、
自身を止めようとする症状が出ます。

放っておくと、さらに身体に影響が出ます。

それでもなお動こうとしていては、
自身の心身は、『強制停止』という実力行使を
してしまいます。

ほとんどのヒトは、大なり小なりで『圧縮』や
『制限』や『ガマン』や『ストレス』等を持っています。

そのままにしておくと、溜りに溜まって『暴発』します。

そうならない様にするには、

『全てをさらけ出す』

事が出来る『場』や『状況』『環境』を創る事が
必要です。

それは、安心できる『場』でもいいし、
信頼できる『人』でも構いません。

『全てをさらけ出す』

事をしても、受け止め受け入れてくれる。

そんな関係性が創れる環境を探しましょう。

そんな『場』や『人』を見つけたなら、
自分自身も素直に正直に

『全てをさらけ出す』

事をしましょう。

せっかくそんな環境や状況を見つけても、
自身が隠していたのではその『場』や『人』との
関係性が、やがて壊れてしまいます。

自らを素直に正直に表現できるように
なりたければ、

『全てをさらけ出す』

意識して観てくださいね!

よろしくお願いします。

有難うございますm(__)m

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ