本当に変わりたいなら

孵化

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『不安への向き合い方』というお話でした。
今回は、『本当に変わりたいなら』というお話です。

青虫が蝶になるには、幼虫から成長して蛹になり、
蛹の中で構築された後、脱皮してゆっくりと時間を
掛けながら羽を広げて硬化させます。

成虫として立派に大空に羽ばたくまで、長い長い
時間を掛けながら成長します。

植物も同じです。

『タネ』から始まり『根』を出し『芽』を出し、その後も
時間を掛けて成長し花を付け実を付け、『タネ』を
創ります。

どんな優秀な生物であっても、ある一定期間を
有さないと『成熟』する事は出来ません。

どこにも『ジャックと豆の樹』のような『魔法のタネ』は
存在しません。

環境や状況を研究して、科学のチカラで環境や
状況を整える事で、多少の成長を早める事や、
季節をズラして成長させる事は可能です。

それには、『知識』と『データ』と『ノウハウ』と『設備』が
必要になります。

それらも何時間も何度でも、成長過程を研究した
時間と労力が在ったからこそ得られています。

いきなり、トランプを裏返す様には、モノコトは変化を
しません。

何度も何度も繰り返し、意識しながらアクションをする
事で、少しづつ変化を起こします。

聞き心地のいい言葉やメッセージを見たり聞いたり
していても、自身が自分で変わろうとしない限りは、
一向に変化はしません。

『本当に変わりたいなら』

まずは、自分自身が自分自身で『変わる』という事を
しっかりと自身に刻みこむ事です。

刻む事で『覚悟』が生まれます。

何が在ろうと、どんな感情や思いが出てこようとも、
過去の嫌な記憶が戻ってきても、私は変わるという
『覚悟』を持つ事が一番大切です。

『方法』や『手段』は、この『覚悟』が在るか無いかで
全然違ってきます。

成長速度も格段に違います。

『本当に変わりたいなら』

自分自身が『覚悟』を持って、何事にもチャレンジし
アクションをすると誓う事です。

どうであれ、自分自身を信じて、少しでも僅かでも
いいから『前』に進むんだと『決意』する事です。

そんな状態になって初めて『他』を頼る事が出来ます。

信頼できる『他』にサポートをしてもらう事で、より早く
『変化』を起こす事が出来ます。

『ノウハウ』や『方法』、『知識』や『智恵』は、独りで
考えるより、信頼できる『他』を頼る事で得られます。

『本当に変わりたいなら』

自らが判断し選択し決意して、『覚悟』を持って
挑む事です。

よろしくお願いします!

有難うございますm(__)m

 

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ