『かてい』を愉しむ

芽出し

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます!

前回は、『無いモノに執着しない』というお話でした。
今回は、『『かてい』を愉しむ』というお話です。

植物は、こぼれ落ちた場所で一生を送ります。

その『場』で日々を過ごして成長していきます。

環境や状況、状態も日々変化していき、自身も成長して
いきます。

地面の中では『根』が、地表では『枝葉』がどんどんと
成長していきます。

『その先』に何が在るのか、何が待っているのかは
分かりません。

もしかすると大きな石や岩盤にぶち当たるかもしれません。
もしかすると山火事が起きるかもしれません。
もしかすると気候が一気に豹変するかもしれません

それでも、その『場』から移動できる訳でもなく、
その『場』で臨機応変に対応しながら生きていくしかありません。

自身の中に在る先代から受け継がれている『記憶』や『情報』、
『経験』や『智恵』を駆使して、生きています。

それらは、すべて生きてきた『証』であり『過程』です。

自身も成長してきた『過程』を持っています。

それらの『過程』が在るからこそ、様々なシーンにも色々な思いや
想いにも対応し受け止める事が出来ます。

自身の中に在る『過程』をすべて信頼して愉しんだ時、
生きる方向は間違う事はありません。

ヒトで在れば、他にもたくさんの『かてい』を持っています。

生きてきた『証』である『過程』。
何かを学び収得するための『課程』。
自身のルーツであり帰る場所でもある『家庭』。
想像し妄想する『仮定』。

たくさんの『かてい』を持っています。

『『かてい』を愉しむ』

意識して観て下さいね!

よろしくお願いします。

有難うございます(__)m

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ