無いモノに執着しない

心のタネ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます!

前回は、『積極的に問い掛ける』というお話でした。
今回は、『無いモノに執着しない』というお話です。

大自然と共に暮らす動植物達は、『今』に生きています。

『過去』でもなければ『未来』でもありません。

『今』この瞬間に生きています。

自身がどう育ち、どう生きるかは考えていません。

自身の中には、『命』を繋ぎ全うするという事は
信じています。

『今』に在る事こそが、『命』を繋ぎ紡いでいる事に
成る事も知っています。

どんな環境や状況、状態に在ったとしても、
『今』という時に生きている事に意識を向けています。

この先どうなってしまうのか?
もし、無くなったら?
思っていた事にならなかったら?

などなど、まだ『無い』モノコトに意識やエネルギーを
取られるような事は一切しません。

そんな所に使えるエネルギーが有るのなら、全てを
『今』に注ぎます。

『今』に判断をし、選択し、決定して行動やアクションを
起こしています。

『ベース』には、揺るぎ無い『命』が在ります。

無くしてしまったモノコト、失ってしまったモノコト、
まだ得ていないモノコト、まだ経験していないモノコト、
それらに固執し『執着』していては、『今から』を生きる事が
出来ません。

『今まで』を参考にして、『今』に判断・選択・決定をする事で
『今から』がやって来ます。

まだ来ていないモノコトや、得ていないモノコトなどは、
『今』を生き、『今から』を生きる事で得られます。

『今まで』は、全てが『参考』であり『記憶』であり『情報』です。

それらを『活かす』も『コロス』も自分次第です。

『無いモノに執着しない』

意識して観て下さいね。

心の中、頭の中、思考、想い、今一度整理整頓してみましょう。

かなり身軽になれるかもしれませんよ^^

よろしくお願いしますね!

有難うございますm(__)m

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

▲ このページの先頭へ