受け取るモノコトを選択する

心の土創り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます!

前回は、『見えないモノコトに恐れない』というお話でした。
今回は、『受け取るモノコトを選択する』というお話です。

大自然は、常に色々なモノコトや様々な事象を与えています。

大自然と共に生きている動植物達は、その『恩恵』を受けて
成長し生活しています。

大自然の与えるモノコトは、すべてに『平等』に与えられています。

全てのモノコトもすべての事象も、分け隔てなく与えてくれています。

暖かな日差しも、心地よい風も、適度な雨も、適度な気温も、
全て『平等』に与えてくれています。

時には、寒すぎる環境も、荒れ狂う暴風雨も、暑すぎる日差しも、
すべて『分け隔てなく』与えてくれます。

それらは、『恩恵』であり、『畏敬』であり、『脅威』でもあります。

それらを与えられている大自然の中で、動植物達は『選択』を
しながら受け取り生きています。

全部を受け取るのも、選択して受け取るのも、『自分次第』です。

必要でなければ受け取らないを選択し、必要であれば自ら動いて
取りに行く。

とても『シンプル』で、とても『容易』です。

大自然には、『複雑』も『難解』もありません。

それぞれがそれぞれとして生きているし、共に生きています。

決して、『独りよがり』にはなりません。

お互いがお互いを尊重して認め合っています。

『キライ』はありませんが、『苦手』はあります。
『ダメ』はありませんが、『残念』はあります。
『劣る』はありませんが、『個性』はあります。

『受け取るモノコトを選択する』

環境で在ろうと状況で在ろうと、状態で在っても、
どうであれ最終的に『選択』をしているのは『自分』
です。

何をどう受け取るのかも、受け取りどうするのかも、
『自分の選択』です。

あなたは、何を『選択』したいですか?

意識して観て下さいね!

よろしくお願いします!

有難うございますm(__)m

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

▲ このページの先頭へ