可能性は信じる事から

ラブタネ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます!

前回は、『許可を出せる場を持つ』というお話でした。
今回は、『可能性は信じる事から』というお話です。

テーブルの上に置いてある『タネ』を見ても、それが
どんな花を付け、どんな風に育つのかをイメージする
のは、難しいですよね。

その『タネ』が、なんの『タネ』で、どんな花かを知っている
ヒトであれば、自身が知っている範囲のイメージは出来ます。

それでも、そこに在る『タネ』を植えて成長をした時、
どんな風に育つかはイメージしにくいと思います。

ましてや、植物の事を全然知らないヒトであれば、
この物体が『タネ』で在る事も分からないかもしれません。

過去に植物を育てた経験があり、枯らしてしまっていたなら
この『タネ』を植えたとしても育つかどうか自体を信じる事が
出来ないかもしれません。

たくさんの『タネ』があれば、全部育つとは限らないと
疑いを持つヒトも居るかもしれません。

『タネ』は、発動条件が揃えば成長を始めます。

過保護に採集して大事に保管してあった『タネ』よりも
その場にこぼれ落ちて放置してあった『タネ』のほうが、
元気に育つ時もあります。

『タネ』自体は、育たないかも?とは微塵も想いません。

立派に成長し花を付け実を付けタネを創り、次世代へと
受け継ぐとしか思っていません。

成長し始めた後に、『障害』が在るかもとか、『妨害』が
在るかもなどと心配になり成長を止めたり躊躇する事も
ありません。

どんな環境や状況の中に在ろうとも、自分は成長すると
しか思っていません。

その環境や状況、『場』の中に『可能性』を見出します。

一旦、成長を始めてしまえば、どうであれ花を付け『タネ』を
創れる様に成長し続けます。

『今』の状態が、花や実、『タネ』を創るのではなく、
『今から』の『可能性』を見出して信じて成長できるかが
『花や実』『タネ』を創ります。

どうであれ

『可能性は信じる事から』

始まります。

信じる事で、開花して実に成り、『タネ』を創る事が出来るのです。

あなたは、どんな『華』を咲かせたいのですか?

あなたは、自分自身の可能性を信じていますか?

『可能背は信じる事から』

意識して観て下さいね。

よろしくお願いします!

有難うございますm(__)m

 

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ