引きずらない。

落ち込み

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます!

前回は、『タイミングを見落とさない』というお話でした。
今回は、『引きずらない』というお話です。

ヒトは、何かにつけて『引きずる』傾向にあるヒトが、
多いように感じます。

それこそ、大きなコトやモノから、小さなコトやモノ、
細かなコトやモノまで、色々な『場面』で引きずっています。

「あの時、ああしておけば。。。」
「こう言っておけば。。。」
「あれを選択しておけば。。。」

などなど、後から後から『悔やむ』ヒトがたくさん居ます。

その状態に、ドップリと浸かった生き方を選択していると、
その状態が『普通』になってしまいます。

ナニカをした時、する時、発する時、その後の『後悔』まで
『セット』にしています。

なので、何をやってもウマくいかない状態にもなれるし、
何を望んでも手に入らない状況になります。

日常的に繰り返し刷り込んだ行動や思考は、それだけ
深く自身の『深部』に刻まれています。

刻まれたコトやモノは、『自動』で発動してしまいます。

本人が意識をしていても、起きてしまう程に、『普通』の
事になっています。

行動しようと奮起し、行動して失敗し、悩み苦しみ、
後悔し、反省する。。。

悲しみ憤り、怒りに憎しみ、妬みに嫉み。。。

思えば思うほどに、増幅されてしまう思い。。。

それらは全部、過去を『引きずる』事で起きています。

大自然に生きる動植物達は、一切引きずる事は
ありません。

過去を悔やむ事も、やり直しを望む事もありません。

常に『成長』する事だけにエネルギーを注ぎます。

悩みや後悔などに使うエネルギーがあるのであれば、
それらを全部、『成長』や『変化』に使います。

過去に起きた出来事、思いや想い、感情や感覚、
それらは全部、『過去』なのです。

どうであれ、あらゆるコトやモノを『今』に

『引きずらない。』

意識して観て下さいね。

意図的に、明確な『線引き』をしたイメージを
持ってみましょう!

『エンガチョ!』『バァリィヤッ!』『安全地帯!』

どうであれ、『ライン』を引いてみましょう!

よろしくお願いしますね!

有難うございますm(__)m

 

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

▲ このページの先頭へ