アプローチを替える

カギ

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます!

前回は、『未来予測を不安にしない』というお話でした。
今回は、『アプローチを替える』というお話です。

自然の中で成長をしている植物は、『成長過程』で、
様々な状況に出会います。

『順風満帆』に成長できる事は、『稀』であり、ナニカシラの
『ハプニング』に見舞われます。

この時、『成長のパターン』が『ヒトツ』しか無ければ、
その場で成長が出来なくなり、停滞するか枯れるしか
ありません。

では、自然の中で生きている植物たちは、どうなのかと
観て見ると、ナニカシラの『対処』をして成長を続けています。

それは、なぜなのかというと、その時その時、『臨機応変』に
『対処法』を替えているからです。

成長していく場所に立ちはだかる様に『壁』があれば、
様々あ『アプローチ法』を用いて、『対処』します。

「真っ直ぐにしか伸びない」と『頑なに頑固』に居ても、
「なんで、こんな所に!」と憤りを感じて怒って『不平不満』を
言っていても、「なぜ、私ばかりが!」と悲観的になっていても、
『成長』にはなりません。

植物には、『目的』が在ります。

どうであれ、成長し花を咲かせ実を付け『タネ』を創り、
次世代へと繋ぐ事です。

使える『時間』も『有用』なので、『躊躇』している余裕は
ありません。

どんな環境や状況、自身の状態であっても、『成長』を
して『目的』を遂行する事が『優先』です。

もすごく厳しく大変な様に聞こえているかもしれませんが、
自然の中で生きるモノたちにとっては、それが日常であり、
生きていく上での『当たり前』です。

なので、そこに『焦燥感』も無ければ、『強迫観念』も
感じていません。

なぜならば、自身には先人から繋ぎ紡がれてきた、
『記憶』と『情報』と『データ』が、自身の中に在る事を
知っていて活用しているからです。

『自然の法則』と『自然の摂理』に守られ包まれている
事にも、なんの『疑問』も持っていません。

あらゆる『恩恵』を貰っている事、たくさんの『サポート』を
頂いている事も、決して忘れる事はりません。

『ナニカシラ』の『壁』や『困難』にぶつかった時、
『何かしら』の『制限」や『支配』、『強制』にあった時、
『なにかしら』の『苦しみ』や『悲しさ』に包まれた時、

まずは、

『アプローチを替える』

事を意識して観ましょう。

どうしても切り替えれないと思ったり感じるのであれば、
一度、足元に『そのまま』で置いてみましょう。

または、書き出して観ましょう。

そして、それを『観察』し『検証』して、『アプローチ』を
他にないか探してみましょう。

全てを切り替えられるモノやコトを探そうとしても
観えて来ません。

ほんの少しでも『変化』が起きそうだと思う『アプローチ』を
いくつでも『ピックアップ』して観ましょう。

その中から、今の自分で無理なく出来そうなコトやモノを
試してみましょう。

今までと違う『アプローチ』のドアを開けて試してみれば、

きっと、ナニカシラの『変化』が起きますよ^^

よろしくお願いしますね!

有難うございますm(__)m

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

▲ このページの先頭へ