受け取る事に躊躇しない

そら

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『繋がる感度を上げる』というお話でした。
今回は、『受け取る事に躊躇しない』というお話です。

日々、暑い日が続いていますね。

雨や曇り空で無い日は、太陽がサンサンと降り注いでいます。

それによって出来る『日蔭』もあります。

それでも、夜の暗さに比べれば『日蔭』といえども、
明るいですよね。

太陽の光は、地上をくまなく照らしています。

その光を、しっかりと受け取っているのが、植物たちです。

太陽光線を受け取る事で、『光合成』をして『エネルギー』を
創り出しています。

たくさんの葉を、太陽に向ける事で多くの『恩恵』を受け取っています。

植物も、受け取った『恩恵』を『還元』しています。

土中から吸い上げた『水』を、葉から『蒸散』する事で、
大気を創りだしています。

太陽光線により、地上も照らされ水分の『蒸発』を促し、
大気がうるおい、やがて『雨』となって地上に戻ります。

それらが繰り返しの『サイクル』となる事で、
地球は生きているのです。

これら『自然の法則』や『自然の摂理』に基づいた『サイクル』は
スムーズに『循環』させる事で成り立ちます。

どこかしらで、『躊躇』していては『循環』が滞ってしまいます。

とうぜん、ここには植物だけではなく、動物も人間も含まれています。

自身に、どうであれ何かしらが『訪れている』のは、
『サイクル』かもしれません。

滞らせている場合は、当然のごとく滞らせた分の『質量』が伴った、
『何かしら』がやって来ます。

もちろん、それは『良き』にしろ『悪き』にしろで、やって来ます。

「クサいものにはふたをしろ!」とばかりに、目を背けていれば、
やがて、滞らせていた分の質量と共に溢れだします。

また、『感謝』や『褒められる』事も、『躊躇』や『卑下』を繰り返して
いれば、滞った分の質量で溢れ出します。

ここで注意しなければいけないのが、どちらにしても滞らせている間に
よどんで劣化してしまうという事です。

なので、良きにしても悪きにしても、滞らせてはいけないのです。

『受け取る事に躊躇しない』

与えてもらえる事に意識して、自身も『自然のサイクル』の中に
居る事を自覚しましょう。

全てが『循環』しているからこそ、『今』が在る事に気づきましょう。

「全てに感謝する」というのは、こういう事だと思います。

まずは、どうであれ何が起きても、『ありがとうっ!!』と言ってみるのも、
いいかもしれませんね。

よろしくお願いします!

有難うございますm(__)m

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

▲ このページの先頭へ