見る事をやめる

ひまわり畑

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます!

前回は、『感覚を大切にする』というお話でした。
今回は、『見る事をやめる』というお話です。

画像は、ひまわり畑です。
周りには、たくさんの『ひまわり』が生えています。

畑の真ん中で咲いている『ひまわり』にが見る視点は、
どこを向いても、どう見ても、『ひまわり』しか見えないと思います。

タネを蒔き、根を張り芽を出し成長してきた『ひまわり』たちです。
どんどんと葉を広げ、ぐんぐんと伸びていく『ひまわり』たち。。。
そんな環境だと思います。

でも、当の『ひまわり』にしてみれば、そんな環境のことなど、
微塵も気にはしていません。

なぜなら、『自分』は『自分』であって、『他』は『他』だという事を、
潜在的に知っているからです。

成長サイクルにしても、周りに乱されることなく『マイペース』で
成長する事が出来ます。

周りに引っ張られて焦る事も、周りに影響を受けて染まる事も
ありません。

だからといって、『マイペース』になり過ぎて周りに影響を与える事も
巻き込む事も、依存する事させる事もありません。

あくまでも、『マイペース』は自分の為の『ペース配分』です。

基本、『ひまわり』は『ひまわり』なので、『成長サイクル』や
『成長リズム』は、『類似』します。

なので、ひまわり畑は、ほぼ同じ高さで花が咲いています。

それは、『場』に出来る『リズム』や『ペース』というモノやコトが
あるからです。

それらは強力なコトやモノではなく、
『シンプル』な『エネルギー』です。

それらを『読み取り』『感じて』、自分の『ペース』に
活用しています。

自身の『ペース』を変えたいのであれば、
自身の『リズム』を感じて、自身を『観る』事が大切です。

目に見える『視覚情報』にばかり頼るのではなく、
自身の内側に在る『リズム』や『ペース』を『観る』事が
必要です。

『見る』から『比較』や『優劣』、『評価』が現れます。

『見る』のではなく、『観る』。

『観る』には、『感じる』事です。

『感じる』には、周りを見るよりも自分を知る事です。

『見る事をやめる』

意識してみてくださいね。

よろしくお願いします!
有難うございますm(__)m

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

▲ このページの先頭へ