書き換えるチカラ

 

ラブタネ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます!

前回は、『端境期を知る』というお話でした。
今回は、『書き換えるチカラ』というお話です。

画像のタネは、「風船カズラ」のタネです。
タネを収穫したのは、2年前だったと思います。

去年、蒔くことが出来なくてそのまま袋に入れて、
保管してありました。
とうぜん、『発動条件』が満たされていないので、
成長せずに、『そのまま』の状態です。

今年は、蒔こうと思っていたのですが、
『蒔き時』を逃してしまい、つい1週間位前に蒔きました。

培養土を入れた大きな鉢に、タネを蒔き覆土して
水を与えました。
日当たりのよい場所に置いて数日が過ぎた時、
タネは、しっかりと『発芽』してくれました。

『発芽』をしたという事は、『芽』の前に『根』が成長するので、
タネは、蒔いた直後から成長を始めていた事になります。

ずいぶん前に、数千年前の遺跡から発掘された土器の中から、
大量のイネ科の植物の種が見つかりました。
その中に、保存状態が非常によかったタネが見つかり、
蒔いた所、『発芽』し成長したというお話があります。

何千年も、タネの状態で居る事を選択し、
『発動条件』が揃った時に、成長をすると決めていたのかもしれません。

『可能性』は、自らのチカラによって『書き換える』事が出来ます。
このタネにしても、うちの「風船カズラ」にしても、自らの意志で、
成長をする事、タネのままで居る事を選択しています。

「きっと、成長できるチャンスは来る!」

そう信じて、ずっと『時』を待っていたのだと思います。

すべての『可能性』は『無限』です。

自身で『有限』にしない限り、どこまでも成長する事が可能です。

毎日の中で、つい『有限』を感じてしまう『タイミング』は
たくさん在るかもしれません。

それでも、『可能性は無限』だという想いを持って、
その状況や状態を『書き換える』事が出来るのも、
『自分自身』の『チカラ』です。

どんな時にでも、『書き換えるチカラ』を
意識してみてくださいね!

よろしくお願いします!
有難うございますm(__)m

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ