セーブポイントを創る

 

芽出し

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『リズムを創る』というお話でした。
今回は、『セーブポイントを創る』というお話です。

植物は、成長していく中で、現状がどういう状況かを、
常に把握しています。

そうする事で、どんな環境下や状況になったとしても、
自身が生き残れる最善策として、一定量を枯れ込む事も
可能になります。

一定量枯れ込む事で、自身の身を守ります。
一旦、『後退』の様に見えてしまう行為ですが、
激変した環境や状況に無理をしてでも抗おうとしては、
全部を枯らしてしまいかねません。

それでは、そこに『存在』する事すら出来なくなるので、
『リセット』ではなく、『セーブポイント』を設定します。

いくつかの『セーブポイント』を創っておく事で、
環境や状況に合わせて、『セーブポイント』を選択する事が
出来るので、ダメージは最少で抑える事が出来ます。

エネルギーも最小限に抑える事が出来るので、
『復旧作業』も効率よく再開する事が出来ます。

どうであれ大切なのは、成長する事であり、
花を咲かせ受粉し、実をつけタネを創る事です。

現状維持でも無ければ、見栄や体裁でもありません。

『進む』為に必要であれば、どんな状態も認め受け入れる事が
出来る事が成長に繋がります。

『見ている』モノやコトが、『目の前』の事だけでは、
『全体図』は観えません。

『その先』を『観る』事で、『全体図』を把握する事が出来ます。

『全体図』を観る事が出来るので、いくつもの『セーブポイント』が
創る事が出来ます。

『セーブポイントを創る』

意識してみてくださいね!

よろしくお願いします!
有難うございますm(__)m

 

 

 

 

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

▲ このページの先頭へ