リズムを創る

野菜のカタチ

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます!

前回は、『特別な事にしない』というお話でした。
今回は、『リズムを創る』というお話です。

野菜や花は、それぞれがそれぞれの『リズム』の中で
生きています。

実り収穫できる時期、つぼみになり開花するタイミング。。。

それぞれの野菜や花によって、実る時も開花する時も、
全部違います。

毎年、実ったり咲いたりする植物でも、その年その年で、
開花するタイミングも、実る時期も、収穫量や開花量も、
変化します。

それは、別に成長に手を抜いている訳では無く、
その年のその環境や状況に合わせた『リズム』の中で、
成長し、その『リズム』によって生きています。

前年と比べて、もっと実らせようとか咲かせようとは、
していません。
また、早く実らせないととか、咲かせないととかも、
思っていません。

その時その時を感じ、そこから導き出される『リズム』に
乗って成長しています。

その『リズム』は、最後までずっと同じという訳では無く、
環境や状況に合わせて、臨機応変に変化します。

周りによって『リズム』が崩されるのではなく、
自らが感じ選択する事で『リズム』に変化をもたらしています。

自身の『リズム』は、周りから影響されたり強制されて
変えられるのではなく、どんな環境下でも状況下でも、
自らが検証し選択して決断しています。

なので、『他』によって乱されることもなければ、
害される事もありません。

どんな『場』に居ても、どんな騒音や問題が起きたとしても、
自身の『リズム』を刻み、自身のテンポとタイミングで、
思考し、想い、選択し、決意して、表現したり、発する事が出来ます。

自身の『リズム』を明確にする事で、『他』の『リズム』も感じる事ができ、
『セッション』や『コラボ』をする事も可能になります。

『リズム』を奏であう事で、相乗効果が生まれ、
その『場』や『空間』の『リズム』も活性化します。

『リズムを創る』

意識してみてくださいね!
よろしくお願いします!

有難うございますm(__)m

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ