今この時を十分に味わう

芽出し

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『もがいてみる』というお話でした。
今回は、『今この時を十分に味わう』というお話です。

植物は、成長過程を十分に感じながら生きています。
環境の変化、気温の変化、天候の変化などなど、
常に感じています。

その時、その時を把握する事で、臨機応変に対応する事も
変化する事も、決断する事も出来ます。

このまま成長のリズムを変えないのか?
このまま枝葉を広げていていいのか?
このまま根を伸ばしていていいのか?

などなど、『状態』を『検証』して、『仮定』を基にしながら
『実践』をして、状況や状態をその時の『ベスト』に持っていきます。

そこに躊躇も動揺も戸惑いもありません。
すぐに切り替える事が出来ます。

ではなぜ、すぐに臨機応変に対応する事が出来るのでしょう?

それは、『タネ』の中に在る今までのご先祖様の『生き様』が
在るからです。

幾重にも入っている『情報』。
これらはすべて、その時その時のご先祖にあたる植物が、
その時の『今』を十分に味わったからこそ、残せる『情報』です。

その時代に、確かに『生きていた』という『証し』です。

そこには、その植物の『生き様』が刻み込まれています。

現在の植物は、『今この時を十分に味わう』事で、
それに『マッチ』する今までの『情報』をフル活用する事が
出来るのです。

それには、自身の中に在る受け継がれし『情報』の事を
信じている事が大前提です。

『こたえ』は、自身の中の『情報』に在ります。

『今この時を十分に味わう』

『喜怒哀楽』『苦楽』『痛み』『愉しみ』などなど。。。

すべての『エッセンス』をしっかり十分に味わう事で、
『味付け』のレパートリーが増えます。

『味わう』こと、意識して観て下さいね!

よろしくお願いします。
有難うございますm(__)m

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ