もがいてみる

荒野

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『全てをあきらめてみる』というお話でした。
今回は、『もがいてみる』というお話です。

自然は時に信じられない天候や気温、暴雨風や災害を
もたらします。

とんでもない日照りになって、緑豊かだった場所も
あっという間に荒野にする事もあります。

環境や状況は、刻一刻と変化し続けています。

そんな大自然の中、動植物たちは懸命に生きています。
変わりゆく環境や状況に臨機応変に対応し順応しながら、
自分自身をも変化し進化させながら生きています。

大自然に生きる動植物たちは、簡単にはあきらめません。
何が何でも大自然の脅威にしがみ付き、もがきながらも、
成長をしようと試みます。

何度も何度も、阻まれ傷つけられてもあきらめず、
もがいています。

そこから得られる『情報』や『データ』をしっかりと記憶し
採集しています。
そして、それらの『情報』や『データ』を駆使してその環境や
状況を攻略しています。

「もう無理!」とか、「もうダメ!」とか、「もう嫌だ!」と言って
投げ出したりあきらめたりは、決してしません。

何かしらにぶち当たった時は、まずは『もがいてみる』!
何度でも、チャレンジして『もがいてみる』!

そして、そこから得られるどんなコトやモノでも見逃さず、
取りこぼさずに、しっかりと受け止め吸収して成長していきます。

まずは、『もがいてみる』!
何度でもチャレンジして『もがいてみる』!
そこから得られるコトやモノを、しっかりとキャッチする。

そのためにも、前回書いた『全てをあきらめてみる』事が
大切になります。

『あきらめず』に『もがいてみる』
それらをしながら『全てをあきらめてみる』

よろしくお願いします!
有難うございますm(__)m

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ