なりきってみる

タイネビエ

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『整える』というお話でした。
今回は、『なりきってみる』というお話です。

自然界に存在する動植物には、別の動植物に
なりきっている動植物が居ます。

なりきっている事を『擬態』といいます。

画像も田んぼに生えている野草で、稲穂そっくりに
『擬態』しています。

『擬態』をするのは、捕食するためや身を守るためや
周りに警戒させ近づかない様にしたり、逆に油断させて
近づけさせたりするために、長い年月をかけて変化しました。

生き抜くための『智恵』であり、『進化』です。

ヒトは、『擬態』と聞くと、『騙している』、『卑怯』、『ずるがしこい』など
ネガティブな行為としてとらえるヒトもいるかと思います。

『真似っ子』とか、『個性がない』とか、『猿真似』とか。。。

髪形や服装、しゃべり方や態度、考え方や行動など、
いろいろと真似れる事はたくさんあります。

『流行』もひとつの『擬態』だと思います。

『擬態』は自然界では、『智恵』であり『進化』です。

思いっきりなりきってみる事で、新たな自分を発見する事も
出来ます。

完全に個性をなくして、そのものになりきるのでは、
『進化』でもないし『智恵』にもなりません。

自然界の動植物にしても、『擬態』しているだけで、
そのものに成ろうとはしていません。

あくまでも、『オリジナル』であって『量産型』にはなりません。

『擬態』は、自身にとって『プラス』になるコトを取り入れる事です。

それを取り入れオリジナルを見出すことで、自分自身が磨かれます。

まずは、そのものに『なりきってみる』事から始めましょう^^

よろしくお願いします!
有難うございますm(__)m

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

▲ このページの先頭へ