自らを喜ばす

虹

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます!

前回は、『支点の話』というお話でした。
今回は、『自らを喜ばす』というお話です。

自然に在る植物は、いつも活き活きしています。

どんな天候でも、環境でも、成長をしています。

自らを、傷つけたり、凹ましたり、追い込んだり
していません。

いつも、活き活きと成長しています。

そんな姿は、周りにも伝わり、それぞれが調和して
活き活きとしたコミュニティを創り上げます。

『森』というコミュニティが、とてもエネルギッシュな『場』に
なっているのは、『調和』して『相乗効果』が在るからかも、
しれません。

自らの姿、形、身に纏っているモノまで、全部に意識が
向いています。

これらすべてが、自分自身を喜ばさせている事に
なります。

喜びや嬉しさ、楽しさや面白さ、安心や落ち着き、
ワクワクやドキドキ、ウキウキは自らを『活性化』させます。

『活性化』する事で、新陳代謝も良くなり、成長速度も
早くなり、色も鮮やかな魅力的な存在になります。

花や樹が、とても綺麗だったり、雄々しく観えるのは、
『自らを喜ばす』事に長けているからだと思います。

どうであれ、自身の『エネルギー』を費やすのであれば、
落ち込んだり凹んだり傷ついたり悲しんだりする事に、
使うのではなく、喜びのある事に使いましょう。

『切り替え』が出来るのは、『自分自身』です。
『気づける』のも、『自分自身』です。
『費やす』のも、『自分自身』です。

ヒトは、自らにしている、費やしている事を、
条件反射で『他』にもしてしまいます。

あなたは、日々の中で自らに何を費やしていますか?

『自らを喜ばす』コトを意識してみてくださいね^^

よろしくお願いします!
有難うございますm(__)m

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ