プロセスを踏む

心のタネ

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、動機を知るというお話でした。

今回は、プロセスを踏むというお話です。

植物は、タネから始まりタネを創るまでが

一連の流れです。

タネを蒔いたからといって、すぐに花を付けたり

実を付け、次のタネが出来る訳でもありません。

タネを蒔かずに置いておいても、タネの数は増えません。

タネを蒔いて、発動条件が揃う事で成長を始め、

『根』を一定量伸ばした後、『芽』を出し、

葉を出します。

花を付けるまでの『プロセス』があります。

その基本的な『プロセス』を省くことは出来ません。

それぞれにそれぞれの、基本になる『プロセス』が

存在します。

その『プロセス』を怠ったり、省こうとすると、

うまく機能しなくなります。

焦らず、慌てずに、しっかりと丁寧に

『プロセス』を踏めば得られるモノやコトを

みすみす逃してしまいます。

植物は、『プロセス』をしっかりと踏むので

これだけの繁殖と繁栄が得られているのだと

思います。

ヒトは、『便利』や『時短』、『ラク』、

『提供』、『援助』などに慣れてしまい、

『プロセス』を意識しない傾向になっています。

『簡単』、『速攻性』、『急速』という言葉に

ハマるヒトも、多々います。

それら、ノウハウやスキルにしても、

『手順』や『プロセス』が大切になります。

しっかりと『プロセス』に乗っ取った行動を

する事で、得られる喜びも豊かさも変わります。

『プロセス』を踏むことを、意識してくださいね。

よろしくお願いします。

有難うございますm(__)m

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ