永遠だと思わない

ひまわり

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、許可をするというお話でした。

今回は、永遠だと思わないというお話です。

タネを蒔き成長を始めたなら、その時点から『一生』になります。

そのタネの人生が始まるという事です。

そのタネの最終は、次世代への『タネ』を創る事です。

それに向けて、日々成長をします。

もしかすると、『タネ』を創れずに終わる人生かもしれないし、

花芽も付けれない人生かもしれません。

それこそ、『永遠』に生き続けることなど不可能です。

『生』と『死』はセットです。

いつかは終わりがやって来ます。

それこそ、いつ来るかもわかりません。

しかし、それは環境や状況で来るわけではなく、

どうであれ『寿命』という事になります。

いつかは来るであろう『寿命』に脅えていても恐れていても

気にしなくても、精一杯に『今』を生きても、全てに終わりが

やって来ます。

植物は、そういう事を知ってか知らずか、『今』に生きています。

過去に悔やんでもいなければ、未来に思いつめてもいません。

その日その日を、どうであれ精一杯に生きています。

偉大なことをしようとも思わないし、ちっぽけだとも思わない。

何かしなければ!と焦りもしなければ、嫌悪感に苛まれもしません。

「明日は来る」と漠然と信じているヒトは少なくないと思います。

別に、日々の中で「終わりが来るんだ!」といって悲壮感や

焦燥感、敬虔や謙虚になってくださいと言っているのでは

ありません。

いつか来るであろう『終』へのカウントダウンは止まらない

という事を意識すると、感じる事、思う事、そして想う事が

少しづつでも変化すると思います。

『選択』も『許可』も『思い込み』も『制限』も

すべては、自分自身です。

『他』は、影響や刺激でしかありません。

決めているのは、自分です。

自分としての『時間』は『永遠』ではありません。

ヒトは、『長寿』や『不老不死』にあこがれを持っています。

『健康』や『美容』、『病気』や『症状』に敏感です。

そのくせ、とりあえずでも健康で日々の生活が出来ていると

それが『永遠』のように思ったりします。

生まれた時点から、自分としての人生は常に『進行形』です。

どう『進行』していくのかを決めれるのは自分自身です。

『選択』も『行動』も『言動』も『感情』もそうです。

何を選択して許可をし生きているか、今一度意識してみて下さいね。

自分の人生は、『永遠』ではありませんよ^^

よろしくお願いしますね。

有難うございますm(__)m

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ