高尚な事にしなくていい

n

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『分かり易いのワナ』というお話でした。
今回は、『高尚な事にしなくていい』という
お話です。

何かを掲げる時、何かを設定する時、
何か目標や目的を決める時などに、
何か大きなモノコトや、
素晴らしかったり、素敵だったり、
誰からも賞賛される様なモノコトにしないと
いけないと思っているヒトは、
意外に多いのではないでしょうか。。。

なぜなら、、、

それらを口にする時に、
「大したことでは無いのですが、、、」とか、
「ちっぽけなのですが、、、」など、
自らでそれらを貶めたり、
辱めたりします。。。

誰からも認められるようなモノコトや、
誰もが賛同したり承認してくれる様な
モノコトでないといけない様に感じているのなら、
それはいわゆる【常識】とか【社会性】に
すでに侵されている状態です。

目標にしても目的にしても、
夢や願望にしても、
それは自らの為に掲げるモノコトです。

他の誰かがどうこう言う権限はありません。

自身が自身で納得し、
自らの意識ややる気を向上させるのであれば、
それは立派な目的だし目標です。

どこにも【ショボイ】や【チッポケ】はありません。

『高尚な事にしなくていい』

素早くなくてもいいし、
ゆっくりでもいい、、、

要領が上手くつかめなくてもいいし、
段取りが上手くなくてもいい。。。

他のヒトよりも遅くてもいいし、
何度繰り返してもいい、、、

他の人が『?』でも、
自身が分かっているのであれば
構わない。

誰もに認めさせる必要も無ければ、
誰かに分からせる必要も無い。

自らが前へと進める【チカラ】に
【糧】に【原動力】になるのであれば、
その想いや思いは、
とても大切にする事が重要です。

『高尚な事にしなくていい』

意識して観てくださいね。

よろしくお願いします!

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

5 Responses to “高尚な事にしなくていい”

  1. 通り雨 より:

    ヒト目にはわからない
    目標あります。

    自分さえ わかっていればいいと思いながら、

    とは言いつつヒトに認められたい 自分も 認めながら、

    目に見えて想いを形に
    していくヒト達を羨ましく思う自分も認めながら、

    淡々と 丁寧に 適当に
    目標をすすめていこう。
    ゜゜(´O`)°゜

    • 通り雨 より:

      「声無きに聴き 形無きに視る」
      礼記より

      • うえる より:

        通り雨さん、こんばんは。
        そうなのですね。
        目標があるのですね^^
        色々な思いや想いも
        出て来ると思いますが、
        それはそれとして、
        進んで参りましょう!^^

        • 通り雨 より:

          報われないであろうコトに
          毎日毎日
          向き合い頑張ることに
          自暴自棄になりそうなことがあります。

          外的なコト(目に見える成果や結果のコト)での目標は止めました。

          その代わり
          外的には報われないかもしれないが
          それに向き合い、頑張る自分を
          自分だけでも認めてあげて
          自己肯定感を造り上げることを
          目標にします。
          ゜゜(´O`)°゜

        • うえる より:

          そうなのですね。
          自暴自棄になりそうになる。。。
          そんな時もありますよね。^^
          自己肯定感。
          それもいいですが、
          ただそのままに観てあげる事でも
          充分かもしれませんね。

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ