積み重ねがカタチを創る

芽出し

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『自分に素直で居るという事』という
お話でした。
今回は、『積み重ねがカタチを創る』という
お話です。

植物はタネを植えたからといって、
いきなり大きくはなりません。

そこまで大袈裟では無くても、
蒔いてすぐに、
地上部に芽がいきなり出てくる事は
ありません。

植物がまずはじめに成長させるのは、
【根】の部分です。

【根】を地中に伸ばして、
地上部を支えられる状態になってから、
発芽させます。

【根】が伸びている間は、
地上部では、
いっさいの動きが見られません。

成長しているのか。。。

タネのままなのか、、、

腐っちゃったのか。。。

何かに食べられちゃったのか、、、

確認したくなる衝動に駆られます。

我慢できずに、
掘り返してしまうと、
せっかく伸びていた【根】を傷つけたり、
切ってしまって成長を止めてしまいます。

または、、、

どうなっているのかが分からない事に、
しびれを切らして、
嫌気が指して育てる事自体を
放棄してしまう場合もあります。

もうそれ自体を観る気もなくなり、
放置してしまい、
鉢植えならば水枯れを起こして
死んでしまいます。。。

成果がなかなか現れない時、、、

何をやっているのか分からなくなった時、、、

目の前が真っ暗過ぎて
どこに向かっているか見えなくなった時、、、

頑張っているはずなのに、
進んでも進んでも結果が出ない時、、、

目の前のイロイロな重圧に耐えられない時、、、

そんな状態の時は、
まだ【根】を伸ばして、
【根】を大地に張っている時かもしれません。

色々なモノコトを身に着ける時、
様々な技法を学ぶ時、
伝承されたモノを修得する時、
何かを自分のモノにする時、

どれにしても、
積み重ねが必要です。

『積み重ねがカタチを創る』

何度も何度も、
挫けそうになったり、、、
諦めそうになったり、、、
腹立たしくなったり、、、
いじけたり、、、

もう投げ出してしまいたくなる時や、
やめてしまいたくなる時もあります。

それでも!と、
今出来る事に全力を持って向き合い、
何度でも進んで行った時、
知識では無く、体感と経験として、
自身のカラダに刻まれるので、
習っただけとか、
覚えただけとかではない、
自身の思いや想いを持って、
カタチを創っていく事が出来ます。

『積み重ねがカタチを創る』

あなたは、何か積み重ねていますか?

意識して向き合いましょう。

よろしくお願いします!

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

2 Responses to “積み重ねがカタチを創る”

  1. 通り雨 より:

    いま、ニュースを観ながらこの記事を読みました。

    ナニかを積み重ねるってことが大切だと
    体感として分かってたら
    釧路イオンでの犯人の男は
    事件を起こすことはなかったのでは?

    積み重ねの大切さを知ったいまは
    安易に極な判断に行くことがなくなってきたような気がします。

    • うえる より:

      通り雨さん、こんにちは。
      そうですね。
      ヒトはつい大きな思いや想いを
      抱いて持ってしまいますよね。
      良きにしても悪きにしても、、、
      自身が何を積み重ねているのか。
      意識して行けるといいですね。

通り雨 にコメントする

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ