周りを意識する

芽出し

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます!

前回は、思考と感情を混同しないというお話でした。

今回は、周りに感謝するというお話です。

以前にも書いたかと思いますが、『タネ』は机に置いて

あったり、袋に入ったままでは、成長のスイッチが入りません。

土に植えて、水をやり適温になる事で、タネの成長スイッチが

オンになります。

また、自身で水をあげれない時など、雨が降る事は

とても有難いですよね。

また太陽が昇り、太陽が照らしてくれるからこそ、光合成が

出来るし、株全体を温める事が出来ます。

そして、目には見えないし味もしないので分かりにくいのが

空気です。

空気が無くては、成長も出来ないし、それどころか生物が

生きる事が出来ません。

風も虫も動物も、みんな必要です。

いらないモノなど、ひとつもありません!

全てが必要で、すべてが大切です。

もちろん、豪雨や台風、落雷達も大切です。

すべては、循環しているしサイクルになっています。

自然のサイクルには、分解できないものや処理しきれない

物質が残る事はありません。

すべては、消費され消化され再び再生します。

ヒトも、自然の生物です。

けっして一人で生きている訳ではありません。

周りに様々な役割を持ってくれているヒトやモノ、

コトがちりばめられています。

一見、ネガティブや腹立たしく感じる事でも

自分の受け止め次第でいかようにも変える事が

可能です。

自分の解釈や思い込みではなく、周りをちゃんと

意識する事で、観えなかったコトやモノ、想いが

観えてきます。

『自我』に囚われていては、何も変わらないし

何も起こらないです。

周りを意識するには、まずは自分自身を意識する事。

そこが、スタートになります。

周りを意識する。

周りに感謝する事が出来た時、自分自身も素敵なモノ

コト、ヒト、想いに包まれます^^

どうぞ、よろしくお願いしますね!

有難うございますm(__)m

 

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ