体感力を上げて行こう!

波紋

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『なったつもりになるヒトビト』という
お話しでした。
今回は、『体感力を上げて行こう!』という
お話しです。

ある武闘家が言いました。。。

「考えるな!感じろ!」

彼の名は、
『ブルース・リー』

たくさんの映画にも出演していました。

闘いの最中に、
思考で考えていては、
あっという間にやられてしまう。。。

身体が反射的に動く程に、
日々の暮らしの中から、
【感じる】という事を、
意識して居よう。。。

そうする事で、
自身の【体感力】は、
格段に向上します。

【体感力】が上がると、
自身だけでは無く、
他者やモノコトの事まで、
【体感】出来る様になります。

イメージとしては、
ラジオの周波数を合わせる様に、
他者やモノコト、
動植物の発している
それぞれの【周波数】に、
自動的にチューニングが
出来るという事です。

アナログのラジオであれば、
チューニングのダイヤルを
回しながら、合わせて行きます。

デジタルであれば、
ボタンを始めに押せば、
あとは勝手に合わせます。

『体感力を上げて行こう!』

そうする事で、
自動的にチューニングする
デジタルラジオになります。

考えていては、
瞬間的な【発信】を
キャッチする事が出来ません。

ヒトは移ろいブレる生き物です。

何かを想っていたとしても、
何かを思ったりします。。。

悲しんで居ても、
ずっとそのままでは居られません。。。

折り重なっている、
色々な思いや想い。。。

『体感力を上げて行こう!』

自身から溢れ出てくる、
色々な思いや想い、、、

「なぜだろう?」
「どうしてだろう?」
「どういうコトだろう?」

そんなふうに、
考えてしまいがちだけれど、
溢れてくるのだから、
考えるよりも感じましょう。

理由も理屈も要りません。

そこにそれらの
思いや想いが在る。

それが何よりも大切なのです。

『体感力を上げて行こう!』

よろしくお願いします!

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

4 Responses to “体感力を上げて行こう!”

  1. 通り雨 より:

    言語でのコミュニケーションが
    まだできなかった 遠い遠い昔の時代
    ヒトビトは 記事のような感じだったんですかね(*´-`)

    • うえる より:

      自然界に在る、
      動植物達を観ていれば、
      感じるモノが在りますよね^^
      言語は言語なのです。。。
      そこに何が乗せてあるのか?
      そこが大事ですよね^^

      • 通り雨 より:

        どういう意図で
        その言語を発しているか…
        発する前に
        その意図に自身で気付くのが大事だなあ…と思う今日この頃です。

        • うえる より:

          そうですね。
          発する事も大切ですが、
          なぜ、発するのか?を
          自身で気づくコトが
          何よりも大切ですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ